MarkLogicなどの革新的なテクノロジーにより、サービスのスピードやアジャイル性が強化され、以前よりすばやくデータを取得し、ビジネスに活用できるようになりました。

Maureen Penzenik
課題

  • 信頼できる唯一の情報源により、データ品質を改善
  • リアルタイムのデータアクセス
  • 新しいサービスやアプリを短期間で市場投入
  • セキュリティが向上
ソリューション

その結果

  • データ出自とガバナンスを確立
  • 少ないリソースでレポートを迅速に出力
  • ストレージコストを削減
  • 「ジャストインタイム」データモデリングを導入
  • 継続的な統合と展開を実現

MarkLogicを選ぶ理由

リレーショナルデータベースではデジタル変革を達成できないと判断したノーザン・トラストは、MarkLogicとクラウドの導入を決めました。MarkLogicとともにトランザクションハブの構築を開始した私たちは、柔軟でありながら企業レベルにも十分対応するMarkLogicプラットフォームの価値にすぐに気付きました。現在、MarkLogicはノーザン・トラストのデジタルサービスでレコードシステムとして機能しています。さらに、MarkLogicのデータハブフレームワークを活用し、マイクロサービス戦略のオペレーショナルハブも構築しています。

短期間での導入

ノーザン・トラストは、わずか15日間で300倍のユーザー側受け入れテスト環境を展開し、実稼働速度が100倍に向上しました。

アジャイル性が向上

ノーザン・トラストはETLプロセスを合理化し、柔軟なデータ構造とフォーマットを活用してデータのアクセス性を改善しています。

データ整合性を改善

MarkLogicのACIDコンプライアンスにより、トランザクションの一貫性と完全性を確立し、データに基づく優れたインサイトを引き出すことができます。

関連リソース

ビデオ
ノーザン・トラスト MarkLogic World 2018セッション - データアーキテクトのMaureen Penzenik氏

リレーショナルからMarkLogicに切り替えたノーザン・トラストがデジタル変革をどのように達成したかご覧ください。

ビデオ
MarkLogic World 2018基調講演 - ノーザン・トラストSVP Len Hardy氏

ノーザントラストSVPのLen Hardy氏が将来を見据えたテクノロジー基盤をどのように構築しているか語ります。

ビデオ
インタビュー - ノーザン・トラストSVP Len Hardy氏

ノーザン・トラストSVPのLen Hardy氏がイノベーションに基づく成長計画について解説します。

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。