「MarkLogicは、複雑な質問や問題への回答に役立ちました」

「リレーショナルプラットフォームでは、M*Modalが必要とするアプリケーションを構築できないことがわかりました。従来の技術では大規模なデータセットを構造化しようとしても、検査報告などの膨大な患者情報にアクセスして分析することはできませんでした。MarkLogicを導入することで、複雑な課題や問題でも回答できるようになり、高品質な患者ケアを提供できるようになりました」

課題

  • 患者のケアの改善
  • EHR(生涯医療電子記録)や医師の診断書などの各種の健康データの統合
  • 健康データや財務データなどの機密情報のセキュリティ
  • 多くの病院とそのユーザーをサポートする拡張性
  • 迅速なデータ応答と診断のパフォーマンス
ソリューション

  • データ統合
  • 患者の360レポジトリ
その結果

  • 患者の治療成果の向上
  • コストの削減
  • 価値創出時間の短縮

MarkLogicを選ぶ理由

M*Modalでは、プライベートクラウドで実行されているMarkLogicエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム上にソリューション全体を構築していますが、特に次の用途でMarkLogicを利用しています。

  • トランザクションの整合性を目的としたACIDの準拠
  • 患者データを効率的に見つけるための検索とクエリ
  • 迅速な応答時間を可能にするパフォーマンス
  • 数テラバイトに及ぶデータと、増加する同時ユーザーの管理に対応した拡張性
  • 複数のソースから取得した各種データを、簡単に処理できる柔軟なデータモデル
  • 政府レベルのセキュリティ
より迅速な診断

2014年にエボラ危機がアメリカを襲ったとき、M*Modalでは、致死的な病気の診断に役立つ医師向けのアプリケーションを開発しました。サブスクリプションおよびクラウドをベースとしたサービスで、病院や大学などの複数のユーザーがボタン1つでサービスを利用できました。

患者中心のケア

M*Modalでは、数百万件のドキュメントを1秒以内に検索して管理します。新しい情報が発生しても、すばやく取り込み、統合して配信できます。医師の診断書をキャプチャし、関連情報を検出して記録に追加することで、より正確で迅速な診断が可能です。

医療レベルのセキュリティ

セキュリティプロトコルはイノベーションの妨げになることがあります。M*Modalでは、この課題をMarkLogicで解決し、パーソナライズされた管理を可能にしました。これにより、許可されたユーザーのみが重要情報を患者の記録に追加できます。プログラマがアクセスできるのは、保険の用途で患者に関連する情報のみです。

関連リソース

ケーススタディ
M*Modalが患者のケアを改善し、病院のコストを削減

M*ModalがMarkLogicを利用する理由と、エンタープライズNoSQLがM*Modalのクラウドベースソリューションをどのように強化するかについてご覧ください。

ブログ
患者と医療従事者のエクスペリエンスを完全なものにするパートナー

M*Modalが最新技術を導入して、患者や医師、病院にとって最適な環境をどのように実現しているかについてご覧ください。

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。