MarkLogicの限界点はまだまだ見えません。

Michael Henry氏 | KPMG
課題

  • 分断されたサイロにある分散データ
  • 手作業から脱却してデジタルに移行する意欲
  • 財務の機密データのセキュリティ
  • 変化するビジネスおよび規制要件に対応するアジャイルインフラストラクチャ
ソリューション

その結果

  • リスクの軽減
  • 結果を出すまでの時間の短縮
  • コストの削減
  • 生産性の向上
  • データの正確性と一貫性の向上

MarkLogicを選ぶ理由

DLAPは、MarkLogicで構築されたオペレーショナルデータハブで実行され、データを「そのまま」取り込むことで、迅速な情報集約とレポート生成を可能にしています。また、MarkLogicセマンティックを活用することで、複数のドキュメントにわたるデータポイントの関係を簡単に定義できます。

リスクの削減

KPMGでは、手動プロセスを自動化することで、顧客データの精度を確保し、規制要件に対応できるようになりました。

コストの削減

財務報告の時間と人件費の削減に加えて、KPMGの顧客による法規制の違反に対する罰金も減らすことができました。

生産性を向上

KPMGによると、顧客によるドキュメントの見直しにかかる時間が75%も短縮するなど、生産性が向上しました。

KPMG:デジタルレイバーでコンプライアンスを変革

この基調講演では、MarkLogicで構築したKPMGのDLAP(Digital Labor Automation Platform)を使用して、組織が関心を寄せる成長分野にどのように対応するかについて、Michael Henry氏が語っています。

パートナーKPMGのビデオサムネイル

関連リソース

ブログ
Computerworld Data + Editors’ ChoiceアワードをKPMGが受賞

業界の専門家がDLAP(Digital Labor Automation Platform)でKPMGを称賛している理由についてご覧ください。

ビデオ
デジタルレイバーでコンプライアンスを変革
MarkLogicセマンティックとクラウド、金融機関へのさらなるサポートにより、コスト削減とコンプライアンス順守をどのように実現できるかについてご覧ください。
ビデオ
KPMGと他の業種の専門家がクラウドについて議論

クラウド環境の長所と短所、ベストプラクティスについて、KPMGなどの業界のリーダーの専門家による議論をお聞きください。

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。