「リレーショナルデータベースやオープンソースデータベースなどのオプションも検討しましたが、私たちの目標を満たしてくれる最適なオプションはMarkLogicデータベースであることが分かりました。次世代のhr | ReFlexを実現するために必要なインフラストラクチャを提供してくれるからです」

課題

  • さまざまなグローバル部門に分断されたデータサイロ
  • 患者記録や保険フォームなどの異種データ
  • 正確なリアルタイム情報の需要
  • 高リスクの保険加入申込者のリスク管理
  • 変化するビジネスルールと規制に対する俊敏性
  • 健康データや財務データなどの機密情報を保護するセキュリティ
ソリューション

  • データ統合
  • カスタマー 360
  • クラウド
  • データウェアハウス
その結果

  • リスクの削減
  • 顧客満足度の向上
  • コストと複雑さを軽減

MarkLogicを選ぶ理由

ハノーバー再保険では、リレーショナルデータベースでは要件を満たすことができないと判断し、ビルトイン検索、エンタープライズグレードのセキュリティ、柔軟性、俊敏性、拡張性などの独自の機能の組み合わせに対応できるように、MarkLogicを選択しました。

リスク管理

ハノーバー再保険では、すべてのデータの360°ビューでリスクを分析し、適切に管理できるようになり、分析用の新機能により、ユーザーによる適切なリスク分析で最適な意思決定ができるようになりました。

リアルタイムの可用性

ハノーバー再保険の一元管理型の分析データウェアハウスには、世界中に設置したシステムから無数のデータが保存され、クライアントインストールからの10年分に及ぶデータを収集して、数百万ものドキュメントをリアルタイムで効率的に管理しています。

複雑さを軽減

MarkLogicではデータを「そのまま」取り込むことができるため、ハノーバー再保険では、MarkLogicの導入後、時間のかかるETLツールが不要になりました。ツールが不要になったことで、コストも削減できました。

関連リソース

ケーススタディ
ハノーバー再保険がMarkLogicを活用して最適なビジネスインサイトと顧客サービスを実現

ハノーバー再保険の強力なMI(管理情報)ツールによって、360°ビューですべての関連データのクライアントアクセスをどのようにサポートし、リスク分析と意思決定を改善できたかについてご覧ください。

ビデオ
ハノーバー再保険がMarkLogicでビジネスの意思決定を改善し、コストを軽減

ハノーバー再保険では、戦略およびオペレーショナル製品の要件、基盤アーキテクチャ、アジャイル開発のダイナミクスなど、国際保険の実現に向けたアプローチを深く掘り下げています。

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。