お客様の反応は上々で、「どうして今までなかったのか」と言われることもあります。本当に簡単に情報を扱えるようになります。一度体験すれば、製品をさらに楽しく活用できます。

課題

  • 検索機能を改善し、数万件に上るサポートケースを減らす
  • 分散した膨大なデータを管理する
ソリューション

  • 検索
  • セキュリティ
  • スケーラビリティ
その結果

  • 迅速で優れた検索を導入することで、検索機能とカスタマーサービスを改善
  • サイロ化されたデータを安全に統合し、容易に共有

MarkLogicを選ぶ理由

シスコは、テクニカルドキュメントのコンテンツハブを支える基盤としてMarkLogicを選択しました。MarkLogicは、データをそのまますばやく取り込み、効率的なデータの読み込みと管理を可能にします。シスコはその点を評価しました。意思決定プロセスに欠かせないMarkLogicのビルトインの検索エンジンにより、シスコユーザーはGoogleと同じ感覚で情報を検索できるようになりました。

情報配信を加速

シスコは、コンテンツハブを6か月未満で運用開始できました。

セキュリティの向上

シスコは世界で最も安全なNoSQLデータベースを活用し、コンテンツのセキュリティと可用性を確保しています。

データを容易に取り込み

ビルトインの検索機能により、詳細な情報を集めた80万件以上のURLのデータの迅速かつ高度なインデックス化とアクセスが可能になります。

関連リソース

ビデオ
シスコはMarkLogicワールド2018セッションで新たなコンテンツ配信を提案

シスコチームが、MarkLogicをベースとしてコンテンツハブを構築する価値について解説します。

ビデオ
シスコは新しいコンテンツハブでGoogle型カスタマーサービスを提供

シスコシステムズのオペレーションディレクターRajesh Chandrasekhar氏が、優れたコンテンツ配信によるカスタマーサービスの改善について解説します。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。