MarkLogicは、情報をデータハブに取り込むことで、意味のあるものにしてくれます。次にインデックス付け、組織化、オントロジーおよびタクソノミーが適用され、意味のあるデータを検索できるようになります。”

課題

  • Data integration
  • データサイロ
  • 構造化、半構造化、非構造化データ
  • 必要なすべての情報を包括的かつ安全に表示
ソリューション

その結果

  • 情報源の一元化
  • データの発見、効率、正確さの向上
  • データマイニング、分析、およびプレゼンテーションの改善
  • 個人およびプログラムのニーズに対応

MarkLogicを選ぶ理由

カリフォルニア州保健福祉局では現在、2つの部にMarkLogicを導入しています。カリフォルニアマネージドヘルスケア部(DMHC)は、カリフォルニア州の消費者の医療の権利保護と、2600万人を対象とする医療提供システムの安定運用を担っています。全州医療計画開発部(OSHPD)は、病院の建設と財務を管理し、施設の安全を確保し、医療従事者を支援しています。この2つの部がMarkLogicを選んだのは、柔軟なデータモデル、「どんな問い合わせでもできる」ユニバーサルインデックス、およびエンタープライズに必要な信頼性とセキュリティが理由でした。

透明性

データをMarkLogicに保持することで、OSHPDとDMHCはユーザーに正確で包括的な情報を提供できます。

データの発見

DMHCのアナリストは、コンプライアンスと効率を判断するために、医療計画に関するすべての情報をすばやく見つけてレビューできます。

オープンデータ

CHHSは、オープンデータを確立し、顧客のニーズとユーザー中心の目標に基づいて継続的にイノベーションを起こすため、ミッションを遂行しました。

関連リソース

ビデオ
MarkLogicワールド2018ヘルスケア&ライフサイエンスパネル

アッヴィ、LAケア、CA OSHPDの医療とライフサイエンスのイノベーターが、デジタル革新とデータ移行について語っています。

ビデオ
MarkLogicワールド2018セッション:CHHSによるデータ移行イニシアティブ

CHHS、CA OSHPD、CA DMHCのリーダーが、データからどのように顧客のニーズを発見し、サービスを提供しているかを語ります。

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。