我々が望んでいたのはドキュメントに含まれる情報の管理だけです。あらゆる関係間に存在する膨大な量のトリプルやリンクの管理まではしたくありませんでしたが、それはMarkLogicの機能として備わっていたので助かりました。また我々は、特定時点に遡って状況の変化を確認できるよう、履歴データをすべて保持できる拡張可能なソリューションを探していました。

その結果

ボーイングはデータ量の多さとサイロ化という共通課題に直面しており、この課題は世界中に分散する従業員、オペレーター、サプライヤーによる情報の発見や共有の妨げになっていました。さらに、各サイロのデータがコンテキスト化されていないために、膨大な量のデータに統合した際に、MBSEの効率性を下げる要因となっていました。ボーイングはこの課題を解決するため、MarkLogicを導入しました。

  • セキュリティの全社的な合理化と強化
  • 効率性、データガバナンス、トレーサビリティの改善
  • 拡張性とパフォーマンスの向上

MarkLogicを選ぶ理由

ボーイングはセキュリティ面の課題に対応するため、メタデータポリシー情報とポリシー検索をMarkLogicに格納。その結果、これまでよりも高速にポリシーの特定、検索、トレンドの特定ができるようになりました。同社はまた、MarkLogicとそのセマンティック機能を利用して、MBSEの高性能性を確保しています。ボーイングのMBSEは、その膨大なデータ量にかかわらず高いパフォーマンスを維持しています。これは、従来型のデータベースでは克服できない課題です。

セキュリティの強化

ボーイングはグローバルポリシー管理の場所を一元化しました。

トレーサビリティの確立

ボーイングは、管理するデータ量が膨大であるにもかかわらず、製品を容易に追跡し、安全飛行要件を満たしています。

拡張性とパフォーマンスの向上

蓄積された履歴データはクエリのパフォーマンスに影響していないと、ボーイングは実感しています。これは、旧式のデータベースではよく見られる問題です。

関連リソース

ビデオ
ボーイングのデータセキュリティ戦略
ブログ
ボーイング:モデルベースシステムズ定義データの照会

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。