「2年前は長時間かけてフライトごとに分析を行っていました。現在では、数千もの試験をすばやく比較できます—これはマルチフライト分析の革命の一部です」

Laurent Peltier

その結果

AWS上のMarkLogicデータハブを使用して、エアバスは試験飛行にかかるコストと時間を削減しました。MarkLogicによって、以前のシステムより情報を探しやすくなったため、必要に応じて、より効率的に試験を実施できるようになりました。さらにMarkLogicは、機密性の高いこれらの業務を実施するのに適した安全なプラットフォームをエアバスに提供しました。

  • 以前は数週間、数ヶ月かかっていた、データ検索にかかる時間を数分に短縮
  • セキュリティの強化
  • 冗長でコストや時間がかかる試験を排除
  • 新しい試験飛行を最適化

MarkLogicを選ぶ理由

エアバスは、MarkLogicのマルチモデルデータプラットフォームを活用して、迅速な情報の取り込み、統合、発見を実現し、さらにMarkLogicのセマンティックを利用してデータとイベントを関連付け、試験とその結果を包括的に把握しています。このデータをAWSで安全に保持するために、エアバスはMarkLogic Advanced EncryptionとMarkLogicの要素レベルのセキュリティを実装しました。このソリューションにより、エアバスはフライト時間を最適化し、構想段階で運用データを提供し、分析を容易にして、航空機の成熟度を改善し、納入前に予測モデルを作成できるようになりました。

発見にかかる時間を短縮

MarkLogicの導入後、情報を発見するのにかかる時間を数ヶ月、数週間から数分に短縮しました。

使いやすさの向上

エアバスはコーディングせずにデータを検索できるようになり、「ほとんど誰でもが使えるようになりました」と言います。

ナレッジを入手するまでの時間を短縮

エアバスは、データ検索を容易に、かつ再利用可能にしました。現在では将来の試験にデータを適用でき、ナレッジを取得するまでの時間が短縮されました。

関連リソース

ビデオ
エアバス:航空機のナレッジデータベースが、どのように航空機の運用と設計を加速したか
ブログ
エアバスが、MarkLogicデータハブで試験飛行の効率を改善

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。