「取引データの扱いは非常に難しいことから、MarkLogicを選びました」

「銀行は、変化する規制要件に迅速に対応できなければなりません。一方、ご存じのとおり取引データをリレーショナルデータベースで管理することは非常に難しい。それがMarkLogicを選んだ理由です。MarkLogicのマルチモデルデータベースの幅広さと、セキュリティやACIDトランザクションなどの関連機能は納得のいくものでした」

課題

  • 変化する社内需要と外部規制に対応するインフラストラクチャのアジャイル性
  • トレードデータレポート
  • 現在および将来の新しい規制に対応するコンプライアンス
ソリューション

その結果

  • 開発時間を短縮
  • リスクを最小化
  • MarkLogicを選ぶ理由

    規制当局は銀行に対して、取引の再構築やデータリネージュの遡及が可能であることを求めるようになりました。ABNアムロでは、MarkLogicでトレードストアを構築することで、既存および今後の金融規制を遵守しやすくし、完全統合されたデータビューで規制監督報告の情報を一元管理しています。また、MarkLogicのバイテンポラル機能により、取引のタイムスタンプと任意の時点での情報を確認する「テクノロジーによる時間旅行」でリスクを最小限に抑えることができます。

    リスクを最小化

    あらゆる注文と取引イベントが一貫性を持って透過的に記録されるため、ABNアムロは社内および社外の報告要件に、素早くかつ柔軟に対応できています。

    将来の成長の計画

    ABNアムロでは、新しい方法で全取引データを検索、分析することで、取引の発生傾向の発見など、将来的なメリットが想定されます。

    市場投入の期間を短縮

    ABNアムロでは、社内の期待やMiFID IIなどの外部の要件を満たすために、厳しい期限を設けていますが、MarkLogicのサポートにより、これらの期限を守ることができます。

    関連リソース

    プレスリリース
    ABN AMROがMarkLogicをトレードストアに採用

    ABNアムロがビジネスの成長とコンプライアンス管理にMarkLogicを選んだ理由について見る

    お客様の成功事例

    詳しく見る

    当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

    当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。