ワイオミング出身のPat Gradyの最初の職業は、住宅の屋根の設置業務でした。そして、会社設立の際の浮き沈みを経験するまでは、モノづくりの本当の意味を理解してはいませんでした。2007年にセコイア・キャピタルに入社してからは、次世代の優れたテクノロジー起業家たちの支援に専念してきました。彼は、現状を大きく打破しようとする人々(ServiceNow、Okta、Birst、Qualtrics)および新しい分野を大胆に開拓する人々(Jive、HubSpot、Achievers、Medallia)に惹きつけられます。

趣味は自転車(ロードやマウンテン)、熱心なスノースポーツ愛好家(スノーボードとスキー)、また企業再生の信望者です。セコイア以前は、さまざまな業界でのインサイドセールスや投資家として活動。Boston College 卒。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。