David Gorbetは、世界最高の仕事に就いています。エンジニアリング担当副社長として、MarkLogicの次世代NoSQLデータベースプラットフォームの開発チームを統括し、ミッションクリティカルな最先端アプリケーションでお客様をサポートしています。

才能あふれるMarkLogicの優れたエンジニアと協力し、情熱とスキルをMarkLogicに注いで創造性を発揮し、MarkLogicのお客様、そしてお客様が製品を活用して業界をどのように変えていくか、ビジョンを描いています。Davidは、それらを「極めてシンプル」という言葉でまとめています。

DavidはMarkLogic以前に、マイクロソフトのビジネスオンラインサービス戦略の先駆けとなるSharePoint Onlineチームを立ち上げ、この責任者となりました。またSharePoint Online以外にも、マイクロソフトやその他の企業で数多くの役職に就き、エンタープライズサーバー製品やアプリケーションに携わってきました。

ウォータールー大学で応用科学(システム設計エンジニアリング専攻)と心理学の学士号、ワシントン大学マイケル・G.・フォスタースクールオブビジネスでMBAを取得しています。

最近のブログ投稿

MarkLogicのカスタマーエクセレンスアワード2016では、MarkLogicデータベースプラットフォームにおける、革新的なソリューション導入の熟練した専門家が選ばれ、サンフランシスコで開催されたMarkLogic World 2016では、この年の輝かしい受賞者のリストが発表されました。
これは、David GorbetがMarkLogic World 2015で行った基調講演「Shape Da Future」について考察した3つのブログの最初のシリーズです。データ自体は今やコモディティ化していますが、データ体験の創造に使用するテクノロジーはそうではありません。データに合わせたリアルタイムの体験は、新たなデータベーステクノロジーでこそ推し進めることができるのです。
最近になって、OpenSSL暗号のソフトウェアライブラリに重大なセキュリティ脆弱性が見つかりました。MarkLogicアプリケーションサーバーはSSLを使用するように構成可能で、MarkLogicでは、この機能にOpenSSLを使用しています。この脆弱性に対応するためのOpenSSLのパッチがリリースされましたが、MarkLogicでも、OpenSSL 1.0.1gに対応した、影響を受けるMarkLogicのすべてのバージョン向けのパッチを開発しました。
それはバレンタインデーのときでした。ワシントンDCは雪が降っており、家族と暮らすカリフォルニアよりも寒かったのを覚えています。業界屈指の人たちと貴重な時間を過ごし、MarkLogicの年間セールスのキックオフに同僚と参加していました。2日前は、MarkLogicで働き始めて3周年の日でした。
DB-Enginesで、お客様のMarkLogicのリストを見ていましたが、MarkLogicでMapReduceをサポートするには、実際3つの方法があることを認識してもらえればと思いました。MarkLogicのHadoopコネクタを使えば、Hadoop MapReduceジョブをMarkLogicのデータで実行できます。これにより、Hadoop MapReduceを実行するよりも、はるかに高速でセキュアに実行できます。
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。