ガートナーのクラウドDBMSレポートにおいてMarkLogicがビジョナリーに

デイヴィッドは、製品担当上席副社長として、製品のビジョンとロードマップ、MarkLogicの技術を利用して業務変革に取り組むお客様のサポートを担当しています。お客様の成功に情熱を注いでおり、お客様が抱えるデータの課題に一緒に取り組み、お客様の情熱、創造性、ビジョンをMarkLogic製品の新機能に反映させることに喜びを感じています。

前職では、マイクロソフトのビジネスオンラインサービス戦略の先駆けとなるSharePoint Onlineチームを立ち上げ、この責任者となりました。SharePoint Online以外にも、マイクロソフトやその他の企業で数多くの役職に就き、エンタープライズサーバー製品およびアプリケーションの立ち上げと成長に携わってきました。

University of Waterloo 卒(学士:応用科学(システム設計エンジニアリング専攻)、心理学)。University of Washington Foster School of Business 卒(MBA)。

最近のブログ投稿

November 6, 2020
「オペレーショナル(業務)用と分析用の両方に同一のプラットフォームを使用する」というトレンドが、ようやく注目を集め始めています。これによりさらに一元化されたデータ管理戦略が促進されます。これをどのように行うのか、またそのメリットは何かをご紹介します。
November 2, 2020
The ability to use a single platform for both operational and analytical use cases is catching on as a trend that lends toward a more unified data management strategy. How is this done and why is it beneficial?
September 18, 2020
大量に存在するレガシーのインフラを前にして、企業はクラウド移行における最優先事項を査定する必要があります。
September 16, 2020
With rich legacy infrastructure in place, organizations need to assess their high level requirements for migrating to the cloud.
The winners of our 2016 Customer Excellence Awards were chosen for their expert deployment of innovative solutions on the MarkLogic database platform. Announced at MarkLogic World 2016 in San Francisco, here's this year's list of remarkable recipients ...
Recently I was involved in a customer inquiry about transaction isolation. The customer had observed an unexpected interaction between two concurrent transactions and wanted an explanation of what they were seeing. This customer is fairly sophisticated, with many folks familiar with isolation principles and even a PhD in distributed computing, which made me think that a lot of people probably aren’t very familiar with the nuances of transaction isolation, especially as it relates to MarkLogic.
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。