Christopher Lindbladは、ソフトウェア開発において20年を超える実績があります。インフォシークでエンタープライズ検索アプリケーション「ウルトラシークサーバー」のアーキテクトリーダーとして働いた後、MarkLogicを創業しました(ウルトラシークサーバーはその後、Verityを買収したAutonomyの主力製品となりました)。データベース業界を自分が先頭に立って変えていきたいという願望が原動力となり、15年以上にわたってMarkLogicのイノベーションを推し進め、データの利用、管理、検索の方法を360°ビューで変革してきました。

インフォシークとMarkLogic以前は、マサチューセッツ工科大学(MIT)で博士研究員として、高速ネットワークとリアルタイムビデオ処理の研究に従事していました。MITでの研究期間中には、インターネットおよびマルチメディアテクノロジーに関する15以上の出版物を執筆しています。

カリフォルニア工科大学でエンジニアリングとコンピュータサイエンスの学士号、MITでコンピュータサイエンスの修士号と博士号を取得しています。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。