Important Update – MarkLogic World 2020

マークロジック会社概要

The Data Hub Experts

Data integration is one of the most complex problems facing IT. MarkLogic’s mission is to simplify it.

お問い合わせ View Open Positions

What We Build

よりシンプルなデータ統合を実現するMarkLogicデータハブ

The MarkLogic Data Hub is a highly differentiated data platform that eliminates friction at every step of the data integration process. Built on MarkLogic Server, a multi-model database, our Data Hub Platform breaks down data silos by ingesting data as is from any source, indexing it immediately for query and search, and providing the ability to run operational and analytical applications at scale. This ensures a consistent, real-time view of enterprise data – all in one unified platform that runs in any environment, including as a cloud service with MarkLogic Data Hub Service.

By simplifying data integration, MarkLogic helps organizations gain agility, lower IT costs, and safely share their data.

The MarkLogic Story

MarkLogic corporation was founded in 2001 with the vision to create a database that was searchable so that organizations could integrate, store, manage, and search their own data in the same way that you search Google.

The founder of MarkLogic is Christopher Lindblad, the Chief Architect of the Ultraseek search engine, which he launched alongside other search pioneers. Chris’ initial patents for MarkLogic focused on storing and searching unstructured XML data, and later patents spanned into multi-model capabilities.

MarkLogic quickly gained prominence as large enterprises faced the challenges of integrating large volumes and varieties data. But, those large enterprises also needed enterprise features. For that reason, MarkLogic’s early product releases were designed with features such as ACID transactions and granular security.

In 2012, Gary Bloom joined MarkLogic as the CEO. Gary was an early employee at Oracle, and led Oracle’s database division through their most significant period of growth in the early 1990’s. Other executives joined MarkLogic to help with product development, bringing experience from Microsoft, Symantec, and other successful enterprise tech companies.

Today, MarkLogic has an impressive list of over 2,500 customers spanning the globe and a dozen offices in the U.S. Europe, and Asia-Pacific.

As the company has grown, one thing never changed—the vision is still to enable organizations to get more value from their data faster. By executing on this vision, the company has established itself as the best data platform for simplifying data integration and the leader of the Data Hub space.

機械学習機能 - データベース内での機械学習 - ダークモード

2019

MarkLogic 10の注目の機能である組み込み機械学習機能は、主要機能をさらにスマートに自動化するため、データベースの中核で実行されます。

2018

MarkLogic初のクラウドサービスであるデータハブサービスをリリースし、オンデマンドキャパシティと自動拡張機能を備えたフルマネージド型MarkLogicデータハブの提供を開始しました。

タイムライン2018 - MarkLogicデータハブサービス
タイムライン10(600x300)

2017

MarkLogic 9は、先進的なセキュリティ機能を搭載してデビューし、これにより、MarkLogicは市場で最もセキュアなNoSQLデータベースの地位を確立しました。MarkLogicユニバーシティでは、14,000本を超えるオンデマンドビデオチュートリアルを活用し、7,000日にもおよぶトレーニングに参加します。豊富なコンテンツデータベースでSNLと肩を並べるもの近いでしょう。

2016

MarkLogicサーバー上で動作するソフトウェアインターフェースであるMarkLogicデータハブの初回リリースが公開されました。初回リリースには複数のソースからデータを読み込んでハーモナイズし、マスタリングした上で検索と分析を行うツールとライブラリのセットが含まれていました。

タイムライン2016 - 巨大な環状交差点の航空写真
タイムライン08(600x300)

2015

前会計年度末である1月、収益が1億ドルを上回りました(Dr. Evilの声でお読みください)。また、JSONとJavaScriptのサポートを追加したMarkLogic 8をリリースし、以前よりも操作が簡単になりました。

2013

MarkLogic 7のリリースでセマンティック機能が追加されました。この機能では、グラフデータをRDFトリプルとして保存できるため、データの関係性の意味を定義できます(残念ながら、人間関係については定義できませんが)。

タイムライン07(600x300)
06 600x300

2012

Gary Bloomを現CEOとして迎え、MarkLogicはアジア太平洋地域の最初の拠点を東京に開設し、2012年夏のオリンピックに向けて、BBC Sportとの連携も開始しました。Perfect 10も社内に導入しています。

2008

MarkLogic 4をリリースし、コモンクライテリア認証(コンピュータセキュリティの国際基準)の取得と、AWSでの最初のクラウド運用という、2つの重要な目標を達成しました。このときは、クラウドのことで常に頭がいっぱいでした。

タイムライン05(600x300)
04 600x300

2007

ロンドン中心部に欧州初となる拠点を設立し、本社機能を現在の拠点であるカリフォルニア州サンカルロスに移しました。サンカルロスは、シリコンバレー中心部を通る101号線沿いにあります。

2004

MarkLogicは、データベースの基本コンポーネントについて最初の特許を取得しました。そのときから、データの未来がどこに進むのかMarkLogicは意識していました。

03 600x300
02 600x300

2003

Cerisentが正式にMarkLogicとして知られるようになり、最初のNoSQLデータベースであるバージョン1をリリースし、最初の顧客であるエルゼビアを獲得しました。当時はまさに「働きバチ」のように忙しい日々でした。

2001年5月18日

Christopher LindbladがCerisentという名前の会社を設立しました。1969年のこの日は、NASAがアポロ10号を打ち上げた記念すべき日でもあり、偶然の一致ではない、運命のようなものを感じています。

01 600x300

ライブデモのお申し込み

MarkLogicによる、迅速なデータ統合、コスト削減、安全なデータ共有についてご紹介します。

今すぐ登録

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。