セキュリティレポート

過去のセキュリティ情報

05.03.17
MarkLogicは、MarkLogicドキュメント変換メカニズムで発見されたセキュリティの問題に対処する更新版をリリースしました。この問題にパッチを適用したMarkLogicリリースの詳細については、以下を参照してください。
02.23.17
背景情報:MarkLogicは、MarkLogicドキュメント変換メカニズムで発見されたセキュリティの問題に対処する更新版をリリースしました。この問題にパッチを適用したMarkLogicリリースの詳細については、以下を参照してください。影響:MarkLogicでは、PDFドキュメントを変換できます。この機能は、関数xdmp:pdf-convert()で明示的に呼び出されるIceni(Argus)で提供される機能を利用します。
11.01.16
背景情報:MarkLogicは、MarkLogicドキュメント変換およびテキスト抽出メカニズムで発見されたセキュリティの問題に対処する更新版をリリースしました。この問題にパッチを適用したMarkLogicリリースの詳細については、以下を参照してください。影響:MarkLogicでは、Microsoft OfficeやAdobe PDFなどのドキュメントを変換し、バイナリドキュメントからメタデータとテキストを抽出できます。
02.20.15
背景情報:2015年初頭に、重大なセキュリティの脆弱性がglibcパッケージに見つかりました。glibcとは、標準のCライブラリの実装で、MarkLogicで現在サポートされているすべてのLinuxディストリビューションのコアパーツです。コード監査はQualys調査グループによって実施されており、セキュリティアドバイザリ(https://www.qualys.com/research/security-advisories/GHOST-CVE-2015-0235.txt)が公開されました。
04.10.14
背景情報:OpenSSL暗号化ソフトウェアライブラリで重大なセキュリティの脆弱性が発見されました。影響:MarkLogicアプリケーションサーバーは、OpenSSLの使用により、構成を変更してSSLを使用することができます。この脆弱性の影響を受けるMarkLogicのバージョンは、5.0-5~5.0-6、6.0(6.0-1~6.0-5)のすべてのバージョンです。
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。