Join us May 20-21 for MarkLogic World 2020 in Chicago

ブログ

データのTipsやNoSQLのベストプラクティスから業界固有のインサイトまで網羅

February 18, 2020
MarkLogicのデータモデリングは、リレーショナルとは異なります。データのSQLビューが必要な場合を含め、モデリングとETLの作業負担を減らして結果を改善する方法をご紹介します。
February 5, 2020
プロジェクトを効率的に進めるデータサービス・ファーストのアプローチとは。MarkLogic データハブフレームワークを利用してどのようにしてデータ統合を素早く、柔軟性を持って実施するかをご紹介します。
January 30, 2020
マルチモデルのMarkLogicプラットフォームを他の技術と比較して見ていくとともに、MarkLogicが複雑なデータ統合に最適なソリューションである理由を説明します。
January 15, 2020
プロジェクトを効率的に進めるデータサービス・ファーストのアプローチとは。MarkLogic データハブフレームワークを利用してどのようにしてデータ統合を素早く、柔軟性を持って実施するかをご紹介します。
January 9, 2020
既存のコラボレーションツールに不満を抱くアッヴィ社は、ノイズを減らし、研究開発部門内のチームワーク向上に役立つテクノロジープラットフォームを探していました。
January 8, 2020
Data Hub 5.1は、データを読み込み、ハーモナイズ、マスタリング、アクセスするMarkLogicソフトウェアインターフェースの最新リリースです。MarkLogicサーバーをベースとするData Hub 5.1は、ミッションクリティカルなデータ統合のユースケースに適した統合データハブプラットフォームを提供します。
January 7, 2020
MarkLogicデータハブサービスが、米国食品医薬品局(FDA)連邦規則集(CFR)第21章第11条のコンプライアンス認証を取得しました。
January 7, 2020
MarkLogicデータハブサービスのセキュリティ制御と目的に関する第三者機関による最新の評価と、クラウド導入におけるその重要性について紹介します。
January 6, 2020
モデルベースのシステムエンジニアリングにより、メーカーは製品を構成するシステムについてより深い洞察を得ることができるため、安全性の向上、コストの削減、ビジネス全体の成功が実現します。
December 2, 2019
「MarkLogic技術リソースの歩き方」と題し、開発者の方に有益なMarkLogicの公開技術情報について、3回シリーズで体系的に紹介していきます。第2回のテーマは「MarkLogic学習時に有用な技術リソース」です。
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。