ブログ

データのTipsやNoSQLのベストプラクティスから業界固有のインサイトまで網羅

January 8, 2020
Data Hub 5.1は、データを読み込み、ハーモナイズ、マスタリング、アクセスするMarkLogicソフトウェアインターフェースの最新リリースです。MarkLogicサーバーをベースとするData Hub 5.1は、ミッションクリティカルなデータ統合のユースケースに適した統合データハブプラットフォームを提供します。
January 7, 2020
MarkLogicデータハブサービスが、米国食品医薬品局(FDA)連邦規則集(CFR)第21章第11条のコンプライアンス認証を取得しました。
January 7, 2020
MarkLogicデータハブサービスのセキュリティ制御と目的に関する第三者機関による最新の評価と、クラウド導入におけるその重要性について紹介します。
January 6, 2020
モデルベースのシステムエンジニアリングにより、メーカーは製品を構成するシステムについてより深い洞察を得ることができるため、安全性の向上、コストの削減、ビジネス全体の成功が実現します。
近年金融規制が増加していますが(2018年1月のMiFID II施行など)、金融サービス企業が長年の業務で収集したデータを統合・分析・報告することは、極めて困難で時間もかかります。
July 18, 2019
既存のコラボレーションツールに不満を抱くアッヴィ社は、ノイズを減らし、研究開発部門内のチームワーク向上に役立つテクノロジープラットフォームを探していました。
May 14, 2019
データハブ5.0およびMarkLogic 10は、エンタープライズ全体にわたる複雑なデータ統合をシンプルにするという当社の取り組みにおいて、記念すべきマイルストーンとなるリリースです。
May 14, 2019
ファーマリサーチハブは、利用可能なあらゆる種類のR&Dデータに容易にアクセスでき、R&Dのプロセスや医薬品開発におけるデータ面の課題を解決します。
May 14, 2019
MarkLogicの高度なセキュリティ機能を活用することにより、極めて複雑で機密性の高いワークロードも、確実にクラウドに移行することができます。
May 10, 2019
競争の激しい航空機製造業界において、エアバスはデータを活用することで試験飛行プロセスを最適化するとともに、試験の分析を改善しました。
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。