MarkLogic World 2020 Live Keynote – Register Now

ブログ

データのTipsやNoSQLのベストプラクティスから業界固有のインサイトまで網羅

April 17, 2020
MarkLogicデザインパターンは、MarkLogicアプリケーションの設計を念頭に置いています。抽象度が高いため、複数のシナリオに適用できます。
February 28, 2020
最適なソリューションを構築するには、適切なテクノロジーとサポートの両方が必要です。複雑なデータ統合プロジェクトで成功するためにMarkLogicがどのように役立つかをご紹介します。
July 24, 2019
MarkLogicデザインパターンは、MarkLogicアプリケーションの設計における一般的な問題に対処するための、再利用可能なソリューションです。
ワイルドカードは、クエリの中に含めることができる特殊な文字です。ワイルドカードを用いることで特定のタームのバリエーションや、スペルが似た語を検索して、データベース内でマッチするタームを多数見つけることができます。
オペレーショナルデータハブ(ODH)は新しいアーキテクチャパターンです。これを用いることでSOAの課題となっていたデータサイロの増加やガバナンスの低下を防ぎ、SOAの基本的な目的を損なうことのないアーキテクチャを構築できます。
現在、そして将来の課題は従来からのソリューションであるリレーショナルデータベースでは解決できないことがますます明らかになっています。またHadoopでも不十分です。なぜでしょうか。
データベースの次のトレンド:マルチモデルデータベース。このデータベースは、JSONやXML、RDF、グラフ、テキストモデルなど、複数のデータモデルをネイティブに格納します。さらに重要なのは、それらのモデルを検索できることです。
この投稿では、ETLに必要なコストと時間を大幅に削減する方法について取り上げ、MarkLogicがこれにどのように取り組んでいるのかをご紹介します。実際には、MarkLogicの目標は「ETLなんていらない」ということではありません。ここでの目標はデータを「そのまま」読み込み、検索、ハーモナイズ、エンリッチに関して最新のアプローチを取ることです
すでにHadoopへの投資がある場合、すべてが無駄になるわけではありません。ODHは、成熟したデータ戦略に必要なセキュリティや管理性など、すべてのコアエンタープライズ機能に加えて運用能力を提供することで、Hadoopエコシステムの価値を高めます。
January 27, 2020
Learn why a multi-model platform is a better solution than a graph database for ensuring you can comply with data privacy regulations like GDPR and CCPA.
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。