ブログ

データのTipsやNoSQLのベストプラクティスから業界固有のインサイトまで網羅

January 15, 2020
プロジェクトを効率的に進めるデータサービス・ファーストのアプローチとは。MarkLogic データハブフレームワークを利用してどのようにしてデータ統合を素早く、柔軟性を持って実施するかをご紹介します。
January 8, 2020
Data Hub 5.1は、データを読み込み、ハーモナイズ、マスタリング、アクセスするMarkLogicソフトウェアインターフェースの最新リリースです。MarkLogicサーバーをベースとするData Hub 5.1は、ミッションクリティカルなデータ統合のユースケースに適した統合データハブプラットフォームを提供します。
January 7, 2020
MarkLogicデータハブサービスが、米国食品医薬品局(FDA)連邦規則集(CFR)第21章第11条のコンプライアンス認証を取得しました。
January 7, 2020
MarkLogicデータハブサービスのセキュリティ制御と目的に関する第三者機関による最新の評価と、クラウド導入におけるその重要性について紹介します。
January 6, 2020
モデルベースのシステムエンジニアリングにより、メーカーは製品を構成するシステムについてより深い洞察を得ることができるため、安全性の向上、コストの削減、ビジネス全体の成功が実現します。
December 2, 2019
「MarkLogic技術リソースの歩き方」と題し、開発者の方に有益なMarkLogicの公開技術情報について、3回シリーズで体系的に紹介していきます。第2回のテーマは「MarkLogic学習時に有用な技術リソース」です。
November 8, 2019
【ステップバイステップ ガイド】 MarkLogicのUIアプリケーション作成ツール Grove
October 21, 2019
いくつ以上になるとレンジインデックスが「多すぎる」と言われるでしょうか?10,000ものレンジインデックスは必要でしょうか?
September 12, 2019
Apache NiFiは、コンテンツをRDBMSからMarkLogicに直接移行するコード不要のアプローチを導入しています。ここでは、RDBMSからMarkLogicへのデータの移行を実施する手順を説明します。
August 22, 2019
MarkLogic内で何かしらの処理に問題がありそうだと思っても、具体的にどの処理に問題があるのかわからないといった経験はないでしょうか。 そういった場合、大きく2つの手法(現在と過去分析)が考えられます。まず最初にすべきことは、現在何が起きているかを知ることです。
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。