Gartner Cloud DBMS Report Names MarkLogic a Visionary

ブログ

データのTipsやNoSQLのベストプラクティスから業界固有のインサイトまで網羅

January 18, 2021
昨今、マイクロサービス(独立してデプロイ可能な個々のサービスの集合体)への関心が高まっています。導入における「パーシステンス」の適切な扱い方をご紹介。
January 7, 2021
MarkLogic用Tableauコネクタでエンタープライズデータの利用を合理化。Tableauのフル機能に素早く、容易に、リアルタイムで接続。
January 5, 2021
MarkLogicのPuneet Rawalが近年のデータ統合トレンドをご紹介。データガバナンスを迅速・柔軟・安全に実現するためのマイクロサービスおよびコンテナの利用など。
December 21, 2020
すでにSparkを使っていて、さらにオペレーショナルデータハブを構築したい場合、MarkLogicのようなトランザクショナルなデータベースが必要です。MarkLogicはオペレーショナルデータハブとして優れた能力を発揮しますが、SparkをMarkLogicと一緒に利用した場合、このオペレーショナルデータハブはさらにパワフルになります。
December 14, 2020
MarkLogicは、ブローアリサーチによる最新の市場レポート「(クラウド)データ管理(プラットフォーム)」において「チャンピオン」に位置付けられました。
December 10, 2020
地下室で頑張ってきた信頼できるメインフレームを引退させなければと思っていることでしょう。なぜ今がメインフレーム移行のグッドタイミングなのかその理由をご紹介します。
December 3, 2020
ガートナーはクラウドデータベース市場のベンダーを、「フルマネージドのパブリックあるいはプライベートクラウドDBMS(およびクラウドストレージ)を提供する会社」と定義しています。このレポートでは、そのようなクラウドデータベースのベンダー17社を比較しています。
December 1, 2020
MuleSoftは、API管理用のiPaaS(Integration Platform as a Service)のリーダーです。MarkLogicは、データの統合・管理用のデータハブプラットフォームのリーダーです。MuleSoftとMarkLogicを一緒に使用することで、APIおよびデータの全体像を把握できるので、すばやくデータから価値を生み出すことができます。
November 25, 2020
MarkLogicデータハブ用のコミュニティツールEnvisionを使うと、グラフを描くことで意味でエンリッチされたエンティティサービスデータモデルを構築できます。
November 6, 2020
「オペレーショナル(業務)用と分析用の両方に同一のプラットフォームを使用する」というトレンドが、ようやく注目を集め始めています。これによりさらに一元化されたデータ管理戦略が促進されます。これをどのように行うのか、またそのメリットは何かをご紹介します。
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。