MarkLogicを選ぶ理由

データは統合されて利用可能であり、サイロ化されない 

統合され、利用可能な360度ビューのデータ

統合され、利用可能な360度ビューのデータ

情報に基づいたビジネス上の意思決定には、最新の明快なデータが必要です。ここでは行動へと結びつく一元化された全体像(360度ビュー)が得られるように、データを統合する必要があります。顧客、財務取引データ、人事データ、メディアコンテンツなどに関する全体像が求められます。

データがサイロ化されているために利用できない

今日、データの全体像(360度ビュー)を得ることはほぼ不可能です。データはばらばらのデータベースに散在し、またデータ統合はビジネスのスピードに追いついていません。データサイロにより、リソースが消費され、意思決定が遅くなり、プロジェクトが失敗します。

データサイロのコスト

時間とお金の浪費

毎年、何百万ドルもの費用と数え切れないほどの時間がサイロのデータの統合に費やされています。それでも、この作業で満足のいく結果が得られないことが多々あります。データには矛盾があり、整合や調和を取るのが難しく、不完全で重要なメタデータが不足している場合があります。

リレーショナルデータベースとETLが連携していない

事前定義されたスキーマが必要なリレーショナルデータベースでは、データ抽出、変換、ロードのサイクルが永遠に終わりません。従来のデータベースでは今日の膨大、高頻度、多様、また絶えず変化するデータの処理に必要なアジャイル性が欠けています。

RDBMSが機能しない理由

データを高速かつ低コストで適切に統合するデータベース

MarkLogicチュートリアル

機能に特化したチュートリアル

今すぐ、情報が必要なのですね。短いビデオチュートリアルでMarkLogicの様々な機能をご紹介しています。

ビデオを観る