疑わしい行為のモニタリング

疑わしい行為のモニタリング

情報のさらなる有効活用と優れたインサイトの獲得。迅速かつ低コストで実現

どのような組織においても、行動や活動といった時間とともに変化する情報を観察する必要があります。また顧客、一般市民、会社に害悪が及ばないように、具体的なアクションへと繋がるインテリジェンスを準備しておく必要があります。

  • 警察などの機関は、警察活動や犯罪捜査の基本として、疑わしい活動のモニタリングをしています。
  • 金融サービス機関は、KYC(顧客確認)、マネーロンダリング防止、トレーダー監視を行うことで、監視を強化しています。
  • 軍や情報機関は、分断されていたデータの「点と点を結ぶ」ことによって、テロリストの攻撃を防止しています。
  • 医療機関と保険会社は、不正請求の可能性を調べています。
  • ほぼすべての業界において、サイバー犯罪とサイバー防衛に取り組むチームがあります。

いずれの場合でも、さまざまな混合ソースのデータをできるだけ迅速に統合することが重要です。また異常な活動に対するアラートを適切な人々に送信する必要があります。これは、従来のリレーショナルデータベースプラットフォームでは事前のスキーマ設計とETLプロセスが必要なため、非常に困難です。

エンタープライズNoSQLデータベースプラットフォームであるMarkLogicでは、大量の構造化データ、半構造化データ、多構造化データ、非構造化データを迅速に読み込み、インデックス化して処理します。MarkLogicは、複数のインデックス化機能を1つのプラットフォームに統合しています。構造化データ、テキストデータ、地理空間情報、統計情報、セマンティックを扱うことができます。これにより、他社製品単独では得られない独自のインサイトを提供します。また、MarkLogicの大規模なアラート機能によって、必要なユーザーに情報を即座に提供します。

軍、情報機関、警察、医療機関、金融サービスは、MarkLogicを使用して次のことを実現しています。

  • 絶え間なく変化する脅威環境での可視性を実現する
  • 大量のデータの中から必要なデータをプロアクティブに検出する
  • インフラをシンプルにし、TCOを削減する
  • 数週間や数か月で具体的な成果を実現する
  • ETLのコストを削減またはゼロにする
  • さまざまなソースをダイナミックに関連付ける
  • データの量や種類に応じて拡張する

これらの組織は、MarkLogicの機能とアジャイル性を活用して、内部や外部で分断されている混合データを統合し、データ内の隠れた関係を見つけ出しています。また、実績あるエンタープライズクラスの信頼性と、認証済みの政府レベルのセキュリティによって、データの整合性と安全性を確保しています。

利点

高速な検索

強力な検索

検索機能はビルトインであり、1秒以内に結果を返します(後付けの機能ではありません)

アプリケーション開発期間の短縮

柔軟な拡張性

あらゆるハードウェア環境でスケールアウト。データの変化や新しいデータの追加に対応します

シンプルかつ短期間でのデータ統合

あらゆる形式に対応

事前のデータモデリングなしで、テキスト、地理空間情報、画像など、あらゆるデータとメタデータを読み込んで管理できます。

単一プラットフォーム

信頼性の高いパフォーマンス

トランザクション一貫性(ACID)、高可用性、政府レベルのセキュリティ

単一プラットフォーム

統合プラットフォーム

複数のアプリケーションの使用による複雑さと脆弱性を回避します。

アプリケーション開発期間の短縮

コストの削減

導入時間を短縮するとともに、エンジニアリング、運用、保守のコストを削減します。

リソース