メインフレームからNoSQLへ

メインフレームからNoSQLへ

基幹業務に対応したエンタープライズクラスの柔軟なプラットフォームでTCOを削減しながら、RDBMSとETLを経ることなく、ビッグデータを活用するイノベーションを実現

メインフレームアーキテクチャは組織が必要とするデータのアーカイブ、トランザクション、記録システムの機能を極めて長期にわたって提供してきました。

しかし今日のビッグデータ環境において、メインフレームを企業の中心に据えるやり方は日一日と支持されなくなってきています。

  • レガシーなメインフレームの保守コストは年に10~15%ずつ上昇しています
  • 熟練のスタッフを見つけることが難しくなっています。米国でメインフレームコンピューティングを教科にしている大学は2校だけです。
  • データがメインフレーム内に固定されているため、新しく革新的なビッグデータアプリケーションに取り込むのが容易ではありません。

一方、最新のプロセスやデータツールを使用すると、既存のデータセットを新しい形で活用できるようになります。コストはそれほどかからず、ミッションクリティカルなアプリケーションに求められるパフォーマンス、可用性、信頼性、セキュリティはすべてそのまま維持されます。

スキーマに依存しないMarkLogicのエンタープライズNoSQLとIntel® Xeon®プロセッサベースサーバーの組み合わせによって、今日の情報アプリケーションが抱えるニーズに対応可能な極めて高い柔軟性を備えた、高パフォーマンスでスケーラブルな高耐久性プラットフォームに、メインフレームベースのデータを安全に移行できるようになりました。

MarkLogicとIntelがデータセンターの機能を強化するため、新たなデータ統合と分散ワークロードを、管理コストや開発コストをそれほどかけずに処理できます。リレーショナルデータベース技術では不可欠となるETLに苦労することもありません。

世界中の企業が、データを分析して優れたインサイトを得るため、また、日々の重要な業務を遂行するためのインテリジェントで高パフォーマンスなアプリケーションの能力を、MarkLogicで強化しています。

利点

シンプルかつ短期間でのデータ統合

TCOの削減

データセンターの各種コスト(エンジニアリング、運用、ハードウェア、保守)が削減されます

単一プラットフォーム

実績あるプラットフォーム

トランザクション一貫性(ACID)、高可用性、政府レベルのセキュリティ

アプリケーション開発期間の短縮

柔軟な拡張性

ダウンタイム無しで弾力的な拡張性を実現する分散型データセンターアーキテクチャにより、成長を管理することが可能になります

シンプルかつ短期間でのデータ統合

迅速なITデリバリー

従来は数か月から数年かかっていたアプリケーションを、数日から数週間で構築できます。

単一プラットフォーム

インサイトの改善

事前のデータモデリングなしで、利用可能な「すべて」の情報をリンクし、分析できます

アプリケーション開発期間の短縮

リスクの削減

360度ビューでデータを把握できる統合プラットフォームにより、複雑さと脆弱性を回避できます

リソース