ライフサイエンス

ライフサイエンス向けソリューション

すべてのデータを活用して競争力を高める

ライフサイエンス組織では、大量の複雑な混合データが発生し、これを収集しています。このような貴重な情報のほとんどは分断されアクセスが困難です。そのため当然ながら、データを組み合わせて適宜分析することもできません。

自分の部署で入手できる情報としては、臨床試験、市販後の状況、治療計画や臨床研究ドキュメント、開発中の製品、特許期間などがあるでしょう。一方、他部署(コールセンター、マーケティング、営業など)からの情報もあります。さらに、それ以外から入手できる大量の情報があります(競合他社、規制情報、文献レビュー、処方薬と効能のデータ、EMR/EHRレコード、ソーシャルメディアなど)。

こういった重要な情報ソースを簡単に統合できたら、何が実現されるでしょうか。

MarkLogicを使えば、あらゆるデータを適切に管理できます。これにより、データを活用してビジネスで成果を上げることができます。実績のあるMarkLogicの機能とアジャイル性により、次のことが可能になります。

  • リアルワールドエビデンス - 薬の安全性、効能、有効性
  • 競争力のあるインテリジェンスとブランド管理
  • 患者保持と治験参加者獲得
  • 治験の最適化
  • 規制用書類と審査

エンタープライズNoSQLプラットフォームであるMarkLogicでは、コスト効率よく混合データを迅速に統合できます。リアルワールドエビデンスや比較有効性研究、医師の診療行為や患者のアドヒアランスの評価、診療報酬の払い戻しやコストの説明、必要なその他の洞察など、組織のさまざまな業務と分析のニーズに対応できます。

利点

あらゆる形式に対応

あらゆる形式に対応

事前にデータモデリングをしなくても、データ、コンテンツ、メタデータの読み込みと管理ができます。

信頼性の高いパフォーマンス

強力な検索

検索機能はビルトインであり、1秒以内に結果を返します(後付けの機能ではありません)

柔軟な拡張性

柔軟な拡張性

あらゆるハードウェア環境でスケールアウト。データの変化や新しいデータの追加に対応します

信頼性の高いパフォーマンス

信頼性の高いパフォーマンス

トランザクション一貫性(ACID)、高可用性、政府レベルのセキュリティ

単一プラットフォーム

コンテキストを活用する統合プラットフォーム

ビルトインの検索機能とセマンティックにより、複数アプリケーションに伴う複雑性と脆弱性を回避します。

コストの削減

コストの削減

市場投入時間と管理時間を短縮し、全体的なコストを削減します。

リソース