ガバナンスやリスクとコンプライアンス

ガバナンスやリスクとコンプライアンス

企業ガバナンス、エンタープライズリスク管理、および効果的な企業コンプライアンスの課題に対応。ますます複雑化するGRC環境に対処するために設計されたテクノロジーやプロセスを使用

この10年間で、ほぼすべての国のあらゆる業界の企業が、GRC(ガバナンス/リスク/コンプライアンス)プロセスの大幅な変更を余儀なくされました。

  • 2008年の世界経済危機により、銀行に対して新しい規制が幅広く適用されました。これにより内部リスクのプロセスと結果を把握する必要が出てきました。
  • 米国の医療機関には、従来のHIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)に加え、Affordable Care Act(医療費負担適正化法)に関連する新規制が適用されることになりました。
  • 欧州などの地域における消費者プライバシー法により、Webでビジネスを展開する多国籍企業には独特な課題が生じました。
  • 規模、業界、所在地を問わず、あらゆる組織でサイバーセキュリティのリスクを管理する必要があります。

こういった状況においては、以下のような共通のニーズがあります。

  • 量と種類が増え続けるデータに、効率的かつ管理可能な方法で対処する必要性
  • 脅威や規制など、社内外の要因に起因する不確実性に迅速に対応するニーズ
  • GRCのあらゆる面をサポート。プロアクティブなリスク軽減ならびに最新規制への対応による、成熟度が高くかつアジャイルなガバナンスポリシー

これらのニーズに応えるには、最新テクノロジーだけでなく、その新しい活用法も必要です。

MarkLogicは、こうした課題に最前線で取り組んでいます。今日のデータ用の新世代のデータ管理プラットフォームだけでなく、新しい可能性も提供しています。MarkLogicのエンタープライズNoSQLプラットフォームにより、さまざまな業界において複雑なデータ統合が実現できます。次のようなメリットがあります。

  • 脅威、情報漏えい、規制に迅速に対応できるアジャイル性
  • さまざまなリスク管理機能を効率的に統合
  • 脅威やリスクをプロアクティブに検出
  • 金融エクスポージャの包括的なビュー
  • 社内ポリシーと規制との間の、管理可能かつコンテキストに基づいた関連付け
  • ビジネスニーズに合わせて拡張できるエンタープライズデータ管理

利点

アプリケーション開発期間の短縮

柔軟な拡張性

あらゆるハードウェア環境でスケールアウト。データの変化や新しいデータの追加に対応します

シンプルかつ短期間でのデータ統合

あらゆる形式に対応

事前にデータモデリングをしなくても、データ、コンテンツ、メタデータの読み込みと管理ができます。

単一プラットフォーム

信頼性の高いパフォーマンス

トランザクション一貫性(ACID)、高可用性、政府レベルのセキュリティ

シンプルかつ短期間でのデータ統合

迅速なアプリケーション開発

従来は数か月から数年かかっていたアプリケーションを、数日から数週間で構築できます。

単一プラットフォーム

コンテキストを活用する統合プラットフォーム

ビルトインの検索機能&セマンティックにより、複数のアプリケーションを使用することによる脆弱性を回避します

アプリケーション開発期間の短縮

コストの削減

市場投入時間と管理時間を短縮し、全体的なコストを削減します。

リソース