Resource: Datasheets

柔軟なデータモデル

October 13, 2017

MarkLogicはマルチモデルデータベースで、JSON、XML、RDF、地理情報データ、ラージバイナリ(PDF、画像、動画など)をネイティブに格納できます。このアプローチでは、あらゆるデータを簡単に格納でき、また格納後に簡単に変更できます。リレーショナルデータベースではデータを行と列に格納するため、事前定義されたスキーマと複雑なETLが必要ですが、MarkLogicでは、従来のETLプロセスなしであらゆるデータを「そのまま(アズイズで)」読み込めます。構造化データと非構造化データ、データとメタデータを、すべて同一のデータベースに格納でき、その後、別のデータソースからスキーマが異なるものを追加することもできます。あるMarkLogicユーザーは、MarkLogicの柔軟なデータモデルにより「リレーショナル技術に伴う制約がなくなる」と言っています。

Download