ABN AMROがMarkLogicをトレードストアに採用

全アセットクラスのデータを1つのビューに統合するMarkLogicが規制遵守をサポート

カリフォルニア州サンカルロス – 2016年11月8日 – 基幹業務のオペレーションとトランザクションに対応したエンタープライズNoSQLデータベースプロバイダのリーダーであるMarkLogic Corporationは本日、オランダのアムステルダムを拠点とする国際銀行のABN AMRO Bank N.V.がMarkLogic®データベースをトレードストアに採用したことを発表しました。ABN AMROがMarkLogicを選んだのは、全アセットクラスの複雑な取引データと複数の取引システムをMarkLogicが高速かつ高コスト効率で統合できるからです。

ABN AMROはMarkLogicを使用して、膨大な量の非構造化取引データおよび構造化取引データを、一元管理された1つのオペレーショナルトレードデータストアに統合します。ABN AMROは、注文と取引イベントの一貫性かつ透明性のある記録により、現在もこれからも、迅速かつ柔軟に内外の規制報告要件を満たすことができます。

ABN AMROは、規制報告に使用する「1つの真実」を提示し、正常パラメータを逸した行動を警告する、完全に統合されたデータビューを持つデータベースを必要としていました。また、MarkLogicの開発は迅速で、銀行のスケジュール要件を満たしていました。さらに、ABN AMROはMarkLogicのバイテンポラルを利用して、取引のタイムスタンプと任意の時点での情報を確認する「テクノロジーによる時間旅行」でリスクを最小限に抑制できます。

規制当局は銀行に対して、取引の再構築やデータリネージュの遡及が可能であることを求めるようになりました。ABN AMROは、MarkLogicデータベースにトレードストアを構築することで、必要なデータを1箇所にまとめ、アペンド専用モデルを通したデータリネージュおよびデータ来歴の確認と、注文および取引を示す一貫性のある統一ビューが実現しました。そのため、既存および今後の金融規制を遵守しやすくなりました。

ABN AMRO Bank N.V.、Capital Market SolutionsのPrincipal ArchitectであるJaap Boersmaは次のようにコメントしています。「銀行は、変化する規制要件に迅速に対応できなければなりません。一方、ご存じのとおり取引データをリレーショナルデータベースで管理することは非常に難しい。それがMarkLogicを選んだ理由です。MarkLogicのマルチモデルデータベースと、セキュリティやACIDトランザクションなどの関連機能は納得のいくものでした」

「MarkLogicが提示した使用例は信頼度が高く、検証可能なもので、当社にとってもMarkLogicを使用することでデータを柔軟かつ効果的に管理できると確信を持てました」「新しい方法で全取引データを検索、分析することで、取引の発生傾向やリスクにあるチャンスを発見するなど、ビジネスインテリジェンスに関連した別のメリットを想定することもできました」

また、MarkLogic、EMEAのVice PresidentであるDavid Northmoreは次のようにコメントしています。「新しい銀行規制下では、質の高いリスクデータと財務データを集計する機能は必要不可欠です。取引データの「ゴールデンリファレンス」を1箇所にまとめて1つのビューで確認できれば、運用コストおよびITコストの削減と効率性の向上を促進できます」


ABN AMRO Bank N.V.について

ABN AMROは、主にオランダに重点を置き、選択的なオペレーションを国際的に行う小売、個人、法人の顧客向けにサービスを提供する企業です。オランダの顧客には、先進的モバイルアプリとネットバンキングを含むオムニチャネルを通して、すべての製品およびサービスを包括的に提供しています。ABN AMROは深い金融専門知識と多くの産業セクタに関する知識を提供できます。国際的には、プライベートバンキング、エネルギー、コモディティと運輸(ECT)、手形交換を始めとした分野の専門知識と、確立された市場での地位に基づき、グループを運営しています。詳しくは、www.abnamro.comを参照してください。


MarkLogic について

MarkLogicは10年以上もの間、世界中の企業や組織の革新的な情報アプリケーションに採用されてきました。MarkLogicは、分断されたデータの統合における世界的なエキスパートです。オペレーショナルでありトランズアクショナルな、基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースのプラットフォームでとして、お客様のデータを統合して360度、あらゆる視点からデータを使うことができる次世代アプリケーションの構築を支援します。MarkLogicの本社は米国シリコンバレーにあり、その他のオフィスを米国、欧州、アジア、オーストラリアに展開しています。日本では東京渋谷にマークロジック株式会社を設立しています。MarkLogicに関するさらに詳しい情報はhttp://jp.marklogic.comをご覧ください。

MarkLogicは米国およびその他の国におけるMarkLogic Corporationの商標または登録商標です。 *その他の名称やブランドは第三者の財産である場合があります。