Triumph Learning

Triumph Learning, LLCは大手の教育コンテンツ企業であり、K-12リソースやスタンダードに沿った補助カリキュラムの出版社です。2013年と2014年には、36000校の600万人以上の生徒にサービスを提供しています。Triumph Learningは、独自の学生向けソリューション、強固な教師支援、専門性開発の機会を提供します。WaggleTMやCoachTMなどの製品により、同社は、生徒の学習パスにおける成功や進歩を支援するシームレスで多彩な学習ソリューションの構築に問い組んでいます。

ケーススタディのPDFをダウンロード »


課題

Triumph Learningは、デジタルと紙媒体の教育出版で成功を収めたシステムを構築しました。しかし業界が変化したことで、システムの機能拡張が必要となるような新たな課題が生まれました。同社は激増する大量のデータ、多様な動的コンテンツの種類(テクノロジーによって可能になった質問、実践練習、評価方法など)、新たなコンテンツ機能に対する消費者の要求に直面しています。さらに複雑なことに、各州共通基礎スタンダードイニシアチブが広範に採用されたことにより、新たなコンテンツの迅速な統合や配布を可能にする、柔軟で効率的なインフラストラクチャの構築が不可欠となりました。最新の州政府制定スタンダードに準拠するプログラムやテストを教師と生徒に提供するためです。他にも次のような課題があります。

製品化までの時間のプレッシャー

各州がカリキュラムやテストに影響を与える新しいスタンダードを採用した結果、Triumph Learningは、同社の顧客が必要とする関連コンテンツをタイムリーに入手できるようにするため、コンテンツ変更に遅れを取らないようにする必要がありました。スタンダードは変化している唯一の要素ではありません。教員は紙媒体での指導方法の採用を減らし、デジタルでインタラクティブなアセットの活用を増やしています。その結果、同社に対して迅速なイノベーションを求めるプレッシャーが存在していました。

ユーザー体験

コンテンツやカリキュラムの継続的な変化に伴いユーザーも複雑化しており、Triumph Learningでは著者、コンテンツプロバイダー、編集者、デザイナーなどの生産性をサポートするシームレスなワークフロー環境だけでなく、一貫したコンテンツの抽出や作成のプロセスを必要とする関係者全員に、バックエンドの変化が透過的にみえる環境を確保する必要がありました。

複雑なデータ管理

市場での技術革新を進めるため、Triumphはテクノロジーで強化された質問形式、インタラクティブな実践課題や評価方式、PDF、各種ソースからの音声やビデオなど、様々な種類の新たなコンテンツを取り込み、追加して、管理する機能を必要としていました。


ソリューション

2013年、Triumph Learningチームは新たなオンライン学習ソリューション、Waggleに着手しました。同チームは、プロジェクトに必要な柔軟性と俊敏性を提供するさまざまなNoSQLベンダーを知っていましたが、それらのベンダーの製品にはデータ整合性や完全性、同時読み出しと書き込み、タクソノミー取り込み、参照と組み込み検索などの重要なエンタープライズ機能が不足していました。

さらにTriumphは、出版においても実績のある熟練したパートナー を探しており、最終的には、コンテンツ管理プロバイダーYuxi PacificのXquire/ēdere ccms™ソリューションに注目しました。MarkLogic® エンタープライズ NoSQLデータベースプラットフォームの上に構築されるXquireは、コンテンツワークフロー、コンテンツのオーサリング、取り込み、配信、統合を管理します。Amazon Web Services経由でクラウド上にホスティングされ、Triumph Learning内部のコンテンツの著者や編集者、デザイナーはアプリケーションのユーザーインターフェイスを使ってMarkLogicにアクセスします。

コンテンツは当社の最も強力な資産です。MarkLogicによって、コンテンツをどのように保存してアクセスするかではなく、そこからどのように最高の価値を生み出してお客様に提供するかに集中することができます。MarkLogicは、次世代のイノベーションに必要な柔軟性をもたらします。

Triumph Learning、副社長 テクノロジー&アーキテクチャ、Raj Chery

利点

Triumph Learningは、コンテンツ管理ソリューションのバックボーンにMarkLogicを利用することですべてのデータを統合し、そのままの状態で取り込むか、またはメタデータで強化して、格納、検索、再利用することができます。こうして、生産性と柔軟性の目標を達成できます。さらに、以下のメリットを得ることができます。

市場投入時間の短縮

MarkLogicの柔軟なデータモデルは、Triumph LearningチームによるWaggle内の新機能構築(例:ドラッグアンドドロップ、グラフ作成、強調、テクノロジーで強化される質問形式)や、共通基礎指令の要件変更への対応を容易にします。再利用可能なアセットの作成により、開発者や筆者はより迅速に印刷、デジタル、インタラクティブな製品を作成できます。従来は数日または数週間かかっていたプロジェクトも、数分や数時間で構築できます。

ユーザー体験の向上

データを「そのままの状態」で取り込むことができる、スキーマに依存しないデータベースによって、Triumph Learningは簡単に新しいコンテンツを統合し、画像アセットをさまざまな配信形式や寸法に自動変換し、データをユーザーからアクセス可能な状態に素早く変換できます。MarkLogicの強力な組み込み検索機能により、ユーザーはアセットメタデータを掘り下げ、タクソノミー参照によって、章、段落、センテンス中のプロジェクトやオーディエンスに最も関係のある素材を特定できます。

リスク管理

Triumphは、200人以上の同時ユーザーを遅延ゼロでサポートすることに加えて、MarkLogicによってダウンタイムゼロを達成し、データの安全を保障できます。

イノベーションの促進

MarkLogicの柔軟なデータモデルにより、Triumph Learningはインフラストラクチャやデータの再構成にかける時間を短縮し、その分、製品パイプラインの開発の取り組みに集中することができます。

導入事例

ABN AMRO
ALM
American Psychological Association
American Society of Agronomy
Bowker
Broadridge
BSi Group
CABI
Codifyd
Condé Nast
CQ Roll Call
De Gruyter
EBCONT
Elsevier
Fairfax County, Virginia
Federal Aviation Administration
グローバルなNPO
Hannover再保険
Healthcare.gov
HEROLD.at
Informatics Corporation of America
Institute of Engineering and Technology
Institute of Physics
投資銀行
投資銀行(大手1行)
投資銀行(大手5行)
JWG Group
Klopotek
Lagardère Active
M*Modal
Mitchell 1
MVB
National Archives & Records Administration
NBC Universal
OECD Publishing
Oxford University Press
Press Association
Princeton Theological Seminary
Reed Business Information
Royal Society of Chemistry
RSuite CMS
Springer
Thieme
Triumph Learning
University of Virginia
Warrior Gateway
Wiley
Yell.com