Press Association

PA(プレスアソシエーション)は迅速、公平、正確なニュースコンテンツを提供する英国最大のコンテンツプロバイダであり、140年以上の歴史を持ちます。PAグループでは現在、ニュース、スポーツ、データ、天気予報、画像、ビデオ、カスタムサービスなど、さまざまなグローバルマルチメディアコンテンツと編集サービスを提供しており、その顧客ベースはメディア業界から、中小規模企業やグローバル企業、政府機関まで多岐にわたります。

ケーススタディのPDFをダウンロード »


課題

PAグループは元々は複数の企業が統合して形成された企業であり、コンテンツやサービスも多岐にわたるため技術の統合と戦略が必要でしたが、そのようなときにO’Donovan氏がアーキテクチャと開発担当ディレクターに就任しました。

同氏は、次のように述べています。「各業務部門がまったく異なる技術を使用していました。画像、ビデオ、ニュース記事など、さまざまな種類のデータが異なるシステム上で構築、管理されていたのです。」

PAが必要としていたのは、XMLの処理が可能で、大量の構造化コンテンツと非構造化コンテンツを有効かつ効率的に統合できる、一元管理された新しいソリューションでした。O’Donovan氏と担当のチームは、従来のデータベースではそのような機能がないことがわかっていました。「私たちが必要としていたのは、PAグループの多様で複雑なすべてのコンテンツに対応した共通の単一プラットフォームを構築することでした。」

また、速さと効率性も重要な考慮事項でした。以前のソリューションでは、データを利用できるようになるまでに、業務の70%もの時間がデータの管理と操作に費やされていました。そのため、新しいプラットフォームには速さと柔軟性が求められました。


ソリューション

PAでは、 数年にわたってMarkLogicとの有益な関係を構築してきました。その中で最も顕著な成果として挙げられるのが、オリンピック期間中のニュース配信にMarkLogicを利用し、共通のコンテンツストアとして競技のニュースシステムの中央編集システムを再構築したことです。PAではオリンピック期間中に、競技結果や選手の情報、ニュース記事など、500億件を超える情報リクエストを処理しました。その際、MarkLogicにより、26言語、40地域のさまざまな顧客に対して、すべてのデータを迅速かつ効率的に提供できました。「イベント期間全体を通して、この技術は期待通りの成果を発揮してくれました。」とO’Donovan氏は述べています。

MarkLogicは新しいプラットフォームの主要な目的に合致するものでした。O’Donovan氏は、「このプラットフォームは、PAのビジネス戦略と開発目標に完全に一致していました。共通の中央データベースにより、あらゆる種類のデータに単一のシステムで対応できます。」と述べています。

運用を開始してすぐに、PAチームは多くの重要な利点を認識することになります。新しいシステムは、PAが必要としていた柔軟性と拡張性を持ち、将来の成長にもシームレスに対応できます。また、PAが求めていた高度なセキュリティも実現できました。

新しいプラットフォームにより、PAはデータの問題を効率的に管理できるようになりました。従来のプラットフォームでは完了までに最大100日の作業時間がかかっていたプロジェクトでも、MarkLogicソリューションでは34日で済み、66%もの効率化を達成できました。O’Donovan氏は、「データ形式の変換の制限も少なくなり、複雑さも軽減しました。利用者に提供するデータ形式に合わせてデータを保存して管理できます。」と述べています。

以前は、新たなソリューションの構築は難しく、時間とコストもかかっていましたが、新しいツールを最大限に利用することで、既存の製品だけでなく、このような新しいソリューションも実現できると、PAでは総合的に評価しています。


まとめ

MarkLogicに対するPAの評価は、複数の主要なアプリケーションの運用を開始してからさらに高まっています。O’Donovan氏は、「PAでは、多くのスタッフにMarkLogicのプラットフォームに移行してもらいました。MarkLogicを使ってもらい、以前は複雑だった作業が簡単にできるとわかったときのスタッフの反応を見るのは楽しいものです。」と述べています。

O’Donovan氏によると、PAの開発者のほとんどが、構造化データと非構造化データを独自の方法で適切に処理できるMarkLogicの機能に感動しています。「MarkLogicにより、 PAの複雑なコンテンツの問題に対応する優れたソリューションが実現しました。」大量のマルチメディアコンテンツを扱うプロバイダにとってこのような機能は本当に価値があるといえます。

導入事例

ALM
American Psychological Association
American Society of Agronomy
Bowker
Broadridge
BSi Group
CABI
Codifyd
Condé Nast
CQ Roll Call
De Gruyter
EBCONT
Elsevier
Fairfax County, Virginia
Federal Aviation Administration
グローバルなNPO
Hannover再保険
Healthcare.gov
HEROLD.at
Informatics Corporation of America
Institute of Engineering and Technology
Institute of Physics
投資銀行
投資銀行(大手1行)
投資銀行(大手5行)
JWG Group
Klopotek
Lagardère Active
M*Modal
Mitchell 1
MVB
National Archives & Records Administration
OECD Publishing
Oxford University Press
Press Association
Princeton Theological Seminary
Reed Business Information
Royal Society of Chemistry
RSuite CMS
Springer
Thieme
Triumph Learning
University of Virginia
Warrior Gateway
Wiley
Yell.com