Wiley

Wileyは科学、テクノロジー、医学、法律の各分野を中心として、200年以上にわたり専門家と研究者にサービスを提供してきた、極めて長い歴史を持つ世界有数のグローバルな大手学術系出版社です。Wileyが運営する多くのプラットフォームの中でも、800のパートナー組織、200万人のメンバーを擁するオンラインライブラリは、カスタムテクノロジーに基づいて構築されています。Wileyオンラインライブラリは、1800万件以上の文書へのアクセスを提供しています。こうした文書には、 2,000種類のジャーナル、13,000冊の書籍、その他200,000種類の参考文献からの600万件の記事が含まれており、そのすべてが600万件の書誌参照でサポートされています。

ケーススタディのPDFをダウンロード »


課題

2012年、Wileyは地球物理学専門の非営利団体American Geophysical Union(AGU)と提携関係を結び、地球、宇宙、および環境科学の主要な学術リソースを構築することになりました。このためには、AGUのすべてのデータと機能をWileyオンラインライブラリに統合する必要がありました。この契約でWileyはこれまでで最大の収益機会となる団体とパートナーシップを結ぶとともに、次のような多くの課題に直面することになりました。

Aggressive timeline. According to the contract, project goals, including providing AGU customers access to all licensed content, needed to be completed in four months, with just six weeks for actual development. No revenue could be earned until the content was published.

膨大なデータ量:Wileyはそのお客様やユーザー、製品、ライセンスおよびアラートデータに加えて、21種類のジャーナルからの160,000件の記事で構成される既存のコンテンツ、AGUの索引用語に基づく33種類の仮想ジャーナル、743種類の特別セクションを移行する必要がありました。また、1か月に記事400件のペースで新しいコンテンツに対応するとともに、ワークフローの変更に合わせて調整する必要もありました。

Complex search requirements. The project required a search engine capable of working quickly and supporting content search across a range of index terms and special sections.

Multiple content formats. Because articles and journals were not standardized, many articles had no issue or page numbers, and journals came in an assortment of formats, including issues with multiple subsections or special editions.

Seamless production workflow. Internally, the production workflow from author contribution to the editorial system had to be well integrated and adapted to the new platform and yet function as it did before.

私はMarkLogicと長年、取引してきました。MarkLogicが10年前に当社で最初にプレゼンテーションを行った時から、その優れた製品とサービスにはずっと感心し続けています。何年も前に私の提案によりWileyがMarkLogicの採用を決定し、その決定が今でも効果をもたらし続けていることはこの上なく喜ばしいことです。

Freddie Quek氏、Wiley、戦略イニシアチブ担当ディレクタ

ソリューション

Wileyは2005年からMarkLogicを利用しており、それ以降、コンテンツデータベースとしてはもちろん、XMLストア、検索エンジンとしても活用し、さらに2010年からは、オンラインライブラリのコンテンツモデリングにも使用するようになりました。 MarkLogicは、AGUとの提携関係を実現するプラットフォームとして当然の選択でした。コンテンツ開発者があらゆる種類のデバイスにおいて、希望どおりの形式でコンテンツをパッケージとして提供できるからです。MarkLogicを利用することで、WileyはコンテンツをXML形式のパッケージとして迅速に提供し、新しいマークアップを追加して複雑なクエリを取り扱い、コンテンツを転送し、新たなコンテンツの到着時にも継続して対応できるようになりました。


MarkLogicを選ぶ理由

MarkLogicのプラットフォームはWileyにとって、プロジェクトの目標を確実に達成する信頼性のあるプラットフォームとなりました。その結果、Wileyの担当部門は、WileyのPresident Award for Excellence(社長優秀賞)、英国のIT Industry AwardsにおいてIT Project Team of the Year(年間優秀ITプロジェクトチーム賞)、MarkLogicのCustomer Excellence Award(優秀顧客賞)に輝きました。MarkLogicは、次のようなメリットをもたらしました。

市場投入時間と利益実現時間の短縮:Wileyはわずか4か月で、AGUが所蔵する資料全集(約800種類のデータソースからの160,000件の記事)を公開して契約の義務を果たすとともに、このコンテンツを60,000人の顧客とユーザーに提供することができました。新しいコンテンツが 2013年1月1日に公開されるとすぐに収益が実現しました

運用の効率化:MarkLogicが運用開始前後に提供したトラブルシューティング、監査、レポート機能により、Wileyはプロジェクトのマイルストーンを達成し、収益をより迅速に実現し、コンテンツ品質を向上させ、ボトルネックを特定してリソースの再割り当てを行うことができました

開発の加速化:Wileyは過去に行ったMarkLogicへの投資を活用して、 わずか6週間でAGUサイトの機能をミラー化するための強化を60件以上行うことができました。ネイティブインテックス付きのビルトインの検索で、コンテンツをロードする際に時間が節約できます。また、保存した検索や語彙サービスの再利用、標準機能であるファセット検索により、開発者の労力が軽減されました

導入事例

ABN AMRO
ALM
American Psychological Association
American Society of Agronomy
Bowker
Broadridge
BSi Group
CABI
Codifyd
Condé Nast
CQ Roll Call
De Gruyter
EBCONT
Elsevier
Fairfax County, Virginia
Federal Aviation Administration
グローバルなNPO
Hannover再保険
Healthcare.gov
HEROLD.at
Informatics Corporation of America
Institute of Engineering and Technology
Institute of Physics
投資銀行
投資銀行(大手1行)
投資銀行(大手5行)
JWG Group
Klopotek
KPMG
Lagardère Active
M*Modal
Mitchell 1
MVB
National Archives & Records Administration
NBC Universal
OECD Publishing
Oxford University Press
Press Association
Princeton Theological Seminary
Reed Business Information
Royal Society of Chemistry
RSuite CMS
Springer
Thieme
Triumph Learning
University of Virginia
Warrior Gateway
Wiley
Yell.com