グローバルなNPO

1500万人のメンバーを擁する世界最大のNPOの1つでは、人道主義に基づいて支援プロジェクトや開発プロジェクトを提供しています。このNPOのメンバーは180か国以上で活動し、150サイトを超えるWebサイトを100か国語以上の言語で公開しており、世界中の数百人の寄稿者がコンテンツの翻訳と公開を手掛けています。

ケーススタディのPDFをダウンロード »


課題

2007年には、このNPOのWebサイトは大規模で複雑になりすぎたため、絶えず変化を続ける新しいWebサイトおよびコンテンツ管理ワークフローの要求には対応できなくなっていました。メインWebサイトのページビューは年間数十億件に上り、1日あたりでも最大で数百万件のページビューが発生します。メンバーは、デスクトップ、ラップトップ、携帯電話などから定期的にサイトアクセスしています。このNPOでは、世界中に分散した数十のグループにコンテンツを配信する必要があり、グループの規模も急速に拡大していました。このようなニーズに市販のソリューションなんとか対応していましたが、それも限界に達していたのです。

このNPOでは何年も前から独自のカスタムXMLスキーマに投資してきましたが、その結果、膨大な量の履歴、カリキュラム、運用関連のドキュメントが発生していました。投資に見合うだけの価値を得る必要がありましたが、コンテンツの操作は規模に関係なく手作業によるプロセスであり、時間もかかりエラーも発生しがちです。このような状況の中で必要とされたのは、コンテンツの再利用、印刷、Webでの公開、モバイルデバイスからのアクセスが可能な、拡張性に優れたデータベースでした。その中でも特に緊急性が高かったのは、カスタムワークフローとWebサイトを迅速に構築でき、コンテキスト内での編集が可能で、翻訳プロセスや編集プロセスにコンテンツを送信できる簡単で柔軟性に優れた方法です。また、承認済みのドキュメントを拡張性と可用性に優れたWebサイトインフラストラクチャに展開できることも必要でした。


ソリューション

このNPOでは世界中の寄稿者によるコンテンツ関連のニーズに対応できるシングルソースのリポジトリの新たなプラットフォームとして、MarkLogicエンタープライズNoSQLデータベースを選びました。MarkLogicにより、新しいWebサイトの制作が数日で済むようになり、寄稿者がWebサイトにコンテンツを入力する作業も数週間で済むようになりました。

MarkLogicでは、組織のコンテンツ用に設計された高性能のデータベース管理システムを導入することで、Webサイトの迅速な制作、カスタムコンテンツワークフロー、シングルソースパブリッシングという顧客のビジョンの可能性が目に見えるだけでなく、迅速に実現できることを示すことができました。

主席エンジニアは次のように述べています。「私が気に入っている点は、MarkLogicがデータベースと検索エンジンを統合したアプリケーションサーバーであることです。これは、NPOの生産性にとって非常に重要なことです。MarkLogicは操作が非常に簡単なため、大学を出たばかりのインターンでもシステムの操作にすぐに慣れることができ、組織全体で利用されるようになりました。」

利点

MarkLogicにより、高度なユーザー対話とユーザー寄稿のコンテンツで構成されたカスタムの動的なWebサイトを制作し、世界中の数百万人のユーザーに提供できるようになりました。その稼働率は99.999%を誇っています。また、次のような成果も実現できました。

迅速な導入と実績のあるアジャイル性: このプロジェクトの主席エンジニアはMarkLogicをわずか数時間で理解し、インストールして使用できました。MarkLogicで構築されたWebコンテンツ管理システムの操作が初めての寄稿者でも、簡単にリンクを設定したり、プログラムの使用を開始したりできます。トレーニングを受ける必要もありません

Webサイトの迅速な制作: インタラクティブデザイナーがWebサイト用のHTMLとCSSテンプレートを作成すれば、寄稿者はコンテンツの寄稿をすぐに開始できます。MarkLogicではHTMLによってコードが実行されフォームが自動的に生成されるので、コンテンツの寄稿者は構造化、非構造化のいずれの手法でもコンテンツを簡単に入力できます。また、HTMLでMarkLogicのコードを実行し、寄稿されたコンテンツをHTMLにマージすることにより、オンデマンドでWebページをレンダリングできます

複数言語のグローバルサポート: 翻訳者はWebサイトの制作プロセスに完全に統合されており、コンテキストに合わせてコンテンツがレンダリングされるため、正確に翻訳できます。また、世界中のユーザーがコンテンツの作成、翻訳、編集プロセスに参加できます。MarkLogicのレプリケーション機能は、各国のユーザーの関心のあるデータを提供するのに最適です

ICL(コンテンツ内編集): サイトは、編集者がサイトを承認する「承認」ワークフローを経て公開されることになります。MarkLogicではモバイルとWebの両方のビューでサイトがレンダリングされるため、編集者、コンテンツの寄稿者、翻訳者は、主要なすべてのデバイスでサイトがどのように表示されるかを確認できます。コンテンツの寄稿者と編集者は、Webサイトのコンテンツをいつでも加筆/修正できます

統合検索: このNPOではMarkLogicの検索機能を利用して、コンテンツを理解するための検索機能を構築し、ブラインドテストではGoogleを超える検索エクスペリエンスを実現しました

メンバーからのアクセス: このNPOではMarkLogicを利用することで、コンテキスト内でのメモ機能、コンテンツの強調表示、日誌機能、相互参照に対応したソリューションを構築できました。毎週定期的に発生するピークロード時でも、1秒あたり210トランザクションを処理できます。このNPOは、2013年の最初の6か月で2.5倍の成長を達成し、現在も同様の成長を継続しています

スケーラブルなパフォーマンス: MarkLogic上で運用されているメインWebサイトのページビューは年間数十億件に上り、1日あたりでも最大400万ページビューになります。また、ユーザー寄稿データのトランザクション数は1日あたり660万件にもなります。

導入事例

ABN AMRO
ALM
American Psychological Association
American Society of Agronomy
Bowker
Broadridge
BSi Group
CABI
Codifyd
Condé Nast
CQ Roll Call
De Gruyter
EBCONT
Elsevier
Fairfax County, Virginia
Federal Aviation Administration
グローバルなNPO
Hannover再保険
Healthcare.gov
HEROLD.at
Informatics Corporation of America
Institute of Engineering and Technology
Institute of Physics
投資銀行
投資銀行(大手1行)
投資銀行(大手5行)
JWG Group
Klopotek
KPMG
Lagardère Active
M*Modal
Mitchell 1
MVB
National Archives & Records Administration
NBC Universal
OECD Publishing
Oxford University Press
Press Association
Princeton Theological Seminary
Reed Business Information
Royal Society of Chemistry
RSuite CMS
Springer
Thieme
Triumph Learning
University of Virginia
Warrior Gateway
Wiley
Yell.com