Condé Nast

Condé Nastは、さまざまな受賞歴を誇る世界で最も有名なメディアおよび雑誌ブランドの1つです。

ケーススタディのPDFをダウンロード »

お客様の目標

220種類を超える米国および国際的なブランドに対応した700万件を超える膨大なメディアアセットの導入に伴い、Condé Nastのデジタルアセット管理システムでは、ユーザーの要求とコンテンツの拡大に合わせて、次の3つの重要分野の改善を必要としていました。

  • 検索: アセット検索の平均待機時間は実際、100件あたり30秒を超えていました。検索機能も扱いにくく、編集者はアセットの収集業務を多額の料金を支払って外部の企業に委託していました。
  • 利便性: メタデータとカテゴリを追加するには開発者が関与する必要があるため、ユーザーによるコンテンツの更新が遅れることになります。
  • 開発: プログラマーが新機能とワークフローに対応するために、長い時間がかかっていました。

Condé NastがMarkLogicを使う理由は、MarkLogicがデジタルアセットとデータにNoSQLアプローチを採用している点にあります。MarkLogicによって、既存の構造にアセットを合わせる必要がなくなります。ただ、MarkLogicにアセットを読み込むだけで、構造を構築できます。他のソリューションでは、既存の構造に適合させない限り、コンテンツをシステムに取り込むこともできません。

Brian Cross氏、Condé Nast、デジタルアセット管理担当ディレクター

MarkLogicのソリューション

Condé Nastでは、MarkLogicを利用することで、カスタム化された新しいデジタルアセット管理システムを短時間で始動できたため、次のことが実現しました。

  • 瞬時の検索機能: アセットの量が増加しても、高速で結果を提供します。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上: 直感的なカスタムインターフェイスにファセットと検索支援(候補表示)機能を搭載しています。
  • 高度な編集機能: 手動プロセスが大幅に軽減されているため、新しい編集製品を迅速に制作できます。
  • メタデータ管理機能: 開発者に頼らずに、デジタルアーカイブ担当と編集者が詳細なメタデータとカテゴリを簡単に作成できます。

Condé Nastデジタルアセット管理システムバージョン2.0


まとめ

Condé Nastは、業界をリードするメディア企業として、総合的なメタデータ管理と瞬時の検索機能によって、豊富なメディアアセットを活用した新たなコレクション構築の機会が生まれることを認識しています。

Condé Nastでは、 新しいデジタルアセット管理システムによって編集者による関連アセットの迅速な検索を可能にすることで、開発コストの削減、カスタムコレクションの迅速な構築、アセットのライセンスコストの削減を実現しています。

導入事例

ABN AMRO
ALM
American Psychological Association
American Society of Agronomy
Bowker
Broadridge
BSi Group
CABI
Codifyd
Condé Nast
CQ Roll Call
De Gruyter
EBCONT
Elsevier
Fairfax County, Virginia
Federal Aviation Administration
グローバルなNPO
Hannover再保険
Healthcare.gov
HEROLD.at
Informatics Corporation of America
Institute of Engineering and Technology
Institute of Physics
投資銀行
投資銀行(大手1行)
投資銀行(大手5行)
JWG Group
Klopotek
KPMG
Lagardère Active
M*Modal
Mitchell 1
MVB
National Archives & Records Administration
NBC Universal
OECD Publishing
Oxford University Press
Press Association
Princeton Theological Seminary
Reed Business Information
Royal Society of Chemistry
RSuite CMS
Springer
Thieme
Triumph Learning
University of Virginia
Warrior Gateway
Wiley
Yell.com