Codifyd

Codifydは、商品コンテンツサービスおよびソリューションの主要プロバイダです。複雑な商品データをWeb上ですぐに利用できるコンテンツに変換できるよう、Eコマース企業を支援しています。15年以上にわたり、CodifydのEコマース設計、実装、および保守の戦略は、企業にコストの削減、市場投入時間の短縮、収益の増加をもたらすだけでなく、オンライン購入者に卓越したEコマースショッピング体験を提供する道を開いてきました。Codifydは、お客さまが簡単に商品を見つけ、理解し、カートに追加できるよう、商品の分類やサイト検索用の属性設定、商品データの具体的な詳細に至るまで網羅しています。

ケーススタディのPDFをダウンロード »


課題

Codifydは、商品コンテンツサービスプロバイダとして、今日のデジタルコマースマーケットプレイスでEコマース企業が直面している課題を解決する必要があります。過去10年間で、ユーザーのサイト検索行動は、一般的な商品タイプの検索から、特定の商品属性の検索へとシフトしてきました。しかし、Eコマースサイトの多くがこうした目的に合わせた設計にはなっていません。また、以前と比べて、ユーザーはWebサイトの閲覧中にすぐに疲労を感じるようになっています。ユーザーの習慣とともに進化するために、Codifyは、ユーザーが商品購入の際に必要となる適切な情報を簡単かつ迅速に見つけ出せるソリューションを提供する必要がありました。Codifydは特に次の課題に直面していました。

複雑で大量のデータの統合と管理:Codifydは、数万のサプライヤからの数百万件にのぼる異種混合型の非構造化データポイントを販売業者の製品カタログに統合するために、柔軟でアジャイルかつ堅牢なデータベースを必要としていました。また、合併および買収から生じるデータを統合できる方法を求めていました。

ファインダビリティ(見つけやすさ):ユーザーに対して、表示される商品数が少なすぎる、多すぎる、関係ない商品が表示されるといった問題(ゴルディロックス・シンドローム)を防ぐために、Codifydは、商品のコンテキストを提供することによって顧客がそのニーズに合った商品を簡単に発見できるような検索機能を必要としていました。

競争の厳しいマーケット:Codifydが競争力を維持するには、オンラインビジネスが市場投入時間を短縮し、商品カタログを拡大するために必要なテクノロジーを提供しなければなりません。また、それらの企業が保有している未整理のバックエンド商品データを、一貫性と完全性があり、魅力的で見つけやすいオンラインコンテンツに転換できる必要もあります。


ソリューション

Codifydは、同社のデータ管理アプリケーションのBridgeと検索アプリケーションのPrecise Searchを実現するために、ビルトインの検索機能とセマンティック機能を備えたMarkLogicのエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォームを選択しました。Codifydは、商品のオンボーディングを加速し、データ品質や関連性、エンタープライズ検索を向上させることを目的として、MarkLogic上に次の2つの商用ソリューションを構築しました。

Codifyd Bridge:製造業者やサプライヤからの製品に関する異種混合型の非構造化データを、販売業者のオンラインカタログに迅速に統合します。

Codifyd Precise Search:ブラウズとテキストの両方の検索結果が全く同じになるように、また1秒足らずで見つかるようにすることで、ファインダビリティの問題を解決します。

Codifydは、Eコマースサイトで商品を見つけやすくし、小売業者が商品カタログを拡張できるよう支援するビジネスを手がけています。MarkLogic上に当社のソリューションを構築することにより、業界で最も強力なソリューションを迅速に市場投入することができました。MarkLogicは使いやすいだけでなく、当社の厳しい検索要件やACID要件を満たし、異種混合データの統合を可能にしました。当社にとって、まさに最適な製品です。

Mark Unak氏、Codifyd、最高技術責任者(CTO)

MarkLogicを選ぶ理由

MarkLogic によってBridgeとPrecise Searchを強化した結果、Codifydは膨大な異種混合データの統合、整理、クレンジング、エンリッチメント、標準化を行うことで、そうしたデータを魅力的な高品質コンテンツに転換し、検索から購入へのコンバージョンを高めることが可能となりました。MarkLogicでは、上記のプロセスをすべて管理しながら、トランザクションの一貫性とセキュリティを確保できます。これ以外にも、次のようなメリットがあります。

価値創出時間の短縮:Codifydはわずか1年で、高収益を生むこの2つの新しいアプリケーションを構築しました。Bridgeは、Web用の商品データの収集、準備、オンボーディングを加速するため、Eコマース企業は非常に短期間で新商品をオンラインに追加できます。Codifydがこれを早期に達成できたのは、MarkLogicにはデータを「現状のまま」取り込む機能が備えられているからです。Codifydは、MarkLogicの統合的な検索機能を活用して、Precise Search内に推奨エンジンを構築しました。Codifydの販売業者はこれを利用して、複数の関連商品を1つのセットにまとめ、ユーザーに検索結果として表示することにより、商品の販売力を強化できるようになりました。この結果として平均注文額が上がったため、アップセルには不可欠のツールであることが実証されました。

Improved Findability and User Experience: Precise Search takes advantage of MarkLogic’s built-in search feature that performs real-time keyword searches that yield targeted and relevant results instantly as consumers type. Within sub-seconds, keywords are matched to product attributes and displayed in real time so online buyers can immediately identify the correct product by the criteria they entered. In the past, users had to browse by faceted search, slowly selecting product features one by one. Now online buyers can quickly find the exact product they need, which increases trust, loyalty, and customer retention.

Codifydの顧客企業のオンライン売上が増大:販売業者のWebサイトに新商品のデータがアップされるまで、通常は6か月かかります。Bridgeと、MarkLogicのデータを「現状のまま」取り込む機能により、Codifydは商品のオンボーディング時間を2週間短縮することができました。これにより企業は商品の種類を増やし、より幅広い取り扱い品目を迅速に提供できるようになりました。ある企業では、660,000件の新SKUを1時間足らずで商品カタログに追加し、オンライン売上の5%増加を達成しました。またBridgeにより、商品データの正確性と完全性が高まり、ユーザーが購入を決定するのに必要な信頼性が向上します。

導入事例

ALM
American Psychological Association
American Society of Agronomy
Bowker
Broadridge
BSi Group
CABI
Codifyd
Condé Nast
CQ Roll Call
De Gruyter
EBCONT
Elsevier
Fairfax County, Virginia
Federal Aviation Administration
グローバルなNPO
Hannover再保険
Healthcare.gov
HEROLD.at
Informatics Corporation of America
Institute of Engineering and Technology
Institute of Physics
投資銀行
投資銀行(大手1行)
投資銀行(大手5行)
JWG Group
Klopotek
Lagardère Active
M*Modal
Mitchell 1
MVB
National Archives & Records Administration
OECD Publishing
Oxford University Press
Press Association
Princeton Theological Seminary
Reed Business Information
Royal Society of Chemistry
RSuite CMS
Springer
Thieme
Triumph Learning
University of Virginia
Warrior Gateway
Wiley
Yell.com