American Psychological Association

APA(アメリカ心理学会)は、150,000人の会員を擁する組織で、心理学の分野ごとに54部門で構成されています。 APAの主な目的は、科学情報の交換です。そのため、APAの主要部門である「出版・データベース事務局」では、多数の学術誌や何十点もの書籍を毎年出版するほか、PsycINFOやPsycARTICLESなど複数の学術データベースを公開しています。

ケーススタディのPDFをダウンロード »


課題

心理学情報提供のリーダーであるAPAのwebサイトには、1日に100万件以上のアクセスがあります。2008年にコンテンツをMarkLogicに移行し、現在はこのオペレーショナルデータベース1つで、複雑なビッグデータを収集し保存しています(19世紀後半以降の160,000件の学術論文、 300万件の抄録、5400万件の引用文献などがあります)。このコンテンツ活用の最大の問題点は、ドキュメントが多様で複雑であることです。適切な研究においては、記事や論文の関連付けが必要ですが、往々にしてそれらの関連性は曖昧です。

APAは、一般的なオープンソース検索エンジンであるLuceneを使用していました。これは優れたテクノロジーですが、さまざまな問題もありました。例えばLuceneは、アーキテクチャへの追加レイヤーとなるもので、コード、インフラストラクチャ、導入作業がさらに必要です。これは、オールインワンのデータベース/検索ソリューションであれば全く必要ありません。また、検索の応答時間も不安定で、ユーザーエクスペリエンスも満足のいくものではありませんでした。しかし最大の課題は、コンテンツをユーザーにタイムリーに提供できないことでした。コンテンツパッケージの規模や複雑さにもよりますが、Luceneの実装では、コンテンツの準備からAPAサイトへのコンテンツの配信と投稿に最大で48時間かかっていました。

APAは業界における権威ある情報源であり、このコンテンツをオンラインでタイムリーに提供することが、著者、読者、ビジネスパートナーにとって重要です。しかし、ITアーキテクチャおよび出版ソリューション担当シニアディレクターのBeverly Jamison氏は、現状に満足していませんでした。「検索の良し悪しはAPAのデジタル資産の利用に直結し、そのインパクトは数値化可能です。また市場にすぐ提供できる製品は、ビジネスにとって重要な価値があります。」


ソリューション

Jamison氏が求めていたのは、迅速なコンテンツ提供のためのソリューションでした。Luceneのパフォーマンス改善には、APA開発チームの膨大な時間とリソースを投じ、チューニング、テスト、そしてさらなるチューニングを繰り返す必要があったでしょう。しかし、それでもMarkLogicのような完全で持続的な効果は望めなかったかもしれません。

APAはいろいろ探しまわる必要はありませんでした。MarkLogicのデータベースとしての速度と柔軟性はもちろんのこと、複数の大企業が検索と分析にこれを利用していることをJamison氏が知っていたからです。 そしてなによりも、MarkLogicとそのコミュニティを信用するようになっていました。「その文化が私に裏付けを与えてくれました。それに、MarkLogicのエンジニアでダメな人に会ったことがありません。」

POCを早い段階で実施したことにより、MarkLogicがAPAの問題点を迅速に解決してくれることもわかりました。 クエリ速度も常に1秒未満となっていることが、テストで確認されました。APAは、検索システムをLuceneからMarkLogicにわずか4か月で完全に移行しました。その際、システムを停止する必要もありませんでした。利用者からは、応答が速くなったとの評価をすでに受けています。インデックス管理も1人以下できるようになり、開発者2人はレガシーシステムの保守ではなく、新機能の開発やパフォーマンスの改善に集中できるようになりました。このため、検索機能の導入後わずか数週間で修正候補や入力支援などの機能を追加でき、サーバーも10台から3台に削減できました。

しかし最大の効果は、迅速で信頼性に優れた検索ができるようになったことです。APAの収益源の70%は出版業務であり、「情報を真っ先に入手できる」というメリットが重要になります。MarkLogicにより、新しいコンテンツの利用までの時間が最大2日から数分に短縮され、検索の応答時間も1秒未満となりました。Jamison氏は次のように述べています。「潜在顧客やビジネスパートナーの獲得には、市場投入時間が重要です。 MarkLogicにより、コンテンツの準備に1時間、公開に数分で済むようになり、クエリと分析も1秒未満で行えます。これは、APAのビジネスと技術にとって画期的なことです。」

MarkLogicにより、コンテンツの準備に1時間、公開に数分で済むようになり、クエリと分析も1秒未満で行えます。これは、APAのビジネスと技術にとって画期的なことです。

Beverly Jamison氏、APA、ITアーキテクチャおよび出版ソリューション担当シニアディレクター

まとめ

Jamison氏は、MarkLogicのアーキテクチャとAPAの新しいインフラストラクチャが継続的に利益をもたらしていると述べています。 開発チームは、アプリケーションやフロントエンド機能の構築とテストをわずか数週間でできるようになり、現在では、利用者向けセマンティックサービスの追加や新しい視覚化オプションの開発に集中できます。書籍と学術誌の最適なワークフローを構築するために、レガシーシステムを徐々に停止し、アーキテクチャの簡素化も進めています。

APAでは、検索エンジンをLuceneからMarkLogicに置き換えることで、コンテンツの迅速な提供という当初の目標だけでなく、保守やハードウェアのコスト削減、検索時間の短縮も達成されました。 その結果、新規ビジネスの競争力、革新的業務を支える成熟した技術インフラストラクチャを実現しています。

導入事例

ABN AMRO
ALM
American Psychological Association
American Society of Agronomy
Bowker
Broadridge
BSi Group
CABI
Codifyd
Condé Nast
CQ Roll Call
De Gruyter
EBCONT
Elsevier
Fairfax County, Virginia
Federal Aviation Administration
グローバルなNPO
Hannover再保険
Healthcare.gov
HEROLD.at
Informatics Corporation of America
Institute of Engineering and Technology
Institute of Physics
投資銀行
投資銀行(大手1行)
投資銀行(大手5行)
JWG Group
Klopotek
Lagardère Active
M*Modal
Mitchell 1
MVB
National Archives & Records Administration
NBC Universal
OECD Publishing
Oxford University Press
Press Association
Princeton Theological Seminary
Reed Business Information
Royal Society of Chemistry
RSuite CMS
Springer
Thieme
Triumph Learning
University of Virginia
Warrior Gateway
Wiley
Yell.com