ALM

ALMは、情報とインテリジェンスの会社です。お客様が「業務に関する業務」をうまく管理できるように、重要なニュース、データ、分析、マーケティングソリューション、イベントを提供しています。お客様がALMを利用しているのは、ビジネス課題解決のための新しいアイディア/アプローチの発見、ビジネスを前進させる人間関係の構築(適切な専門家や同僚たちを連携させる)、データ/分析/インサイトの活用による競争力などを実現するためです。600万人以上のプロフェッショナルの皆様に対して、極めて複雑な業界における発見/繋がり/競争をお手伝いしています。 

ケーススタディのPDFをダウンロード »


課題

元来、法務コンテンツの提供会社であったALMの経営陣は、多業種における情報提供会社へと事業を拡大することを決め、企業買収と新たなコンテンツの追加を行いました。これによって、ますます競争が激しくなる世の中において、リーダーとしての地位を維持できると考えました。市場の変化への適切な対応、会社の成長、企業買収メリットの短期間での実現などのために、ALMは顧客データの統合と管理に投資する必要がありました。 

2年間で買収した4つの会社のシステムや日常業務のデータフィードを、ATMの既存インフラに統合する必要がありました。一方コンテンツに関しては、作成と格納方法の改善だけでなく、コンテンツと顧客を繋ぐことにより、その価値を高め、お客様ならびに広告主へのサービスを改善したいと考えていました。最終的な目標は、個々のユーザーに合わせて適切なニュースやカスタマイズされた広告を提供することでした。 

ALMでは、まず大量かつ多様なデータに対処する必要がありました。60を超える出版物から入ってくるデータの量と種類は、あっという間に対応できないほどになってしまいました。コンテンツの再活用で新規利用者を開拓しより広範な収益源を得るために、すべてのコンテンツを統合する必要がありました。次に、ALMは顧客データの問題に取り組みたいと考えました。顧客データは60ものデータソース(社内トランザクションシステム、マーケティングツール、外部データソースなど)から入ってきます。これらのデータソースをまとめて、一元化された顧客のマスタープロファイルを作成する必要がありました。これを活用することで、行動やコンテキストに基づいた情報提供や広告表示ができるのです。 


ソリューション

コンテンツ統合に関しては、ALMはMarkLogicをまずコンテンツ再利用のためのセントラルリポジトリとして使用しました。次に、複数の商品や利用者向けのコンテンツ提供を始めましたが、その際、複数ソースからのコンテンツの統合と各商品に適したコンテンツのカスタマイズ提供という、MarkLogicの機能が利用されました。顧客データの問題に関しては、ALMは当初リレーショナルデータベースに基づくMDM(マスターデータ管理)ソフトウェアを検討しました。これが2年経ってもうまくいかなかったため、IT部門は既に入っていたMarkLogicデータベースプラットフォームを顧客データにも使用することにしました。 

わずか4か月で、ALMは顧客に関する多様なデータ(会員登録データ、展示会出席データ、マーケティングへの反応、LinkedIn® などの外部データソースからのデータ)を統合できました。このデータによって、ALMはその目標だった「顧客の全体像(顧客のゴールデンレコード)」を作成できました。この情報により、適切なコンテンツを適切な人に適切なタイミングで提供できるようになりました。 

MarkLogicをこのプロジェクトに使用することで、素晴らしいROIが得られました。最小限の技術投資で、お客様とイベントのマッチングを600%も効果的にできることがわかりました。またB2Bマーケティングチームではオプトアウト率が下がりました。現在、お客様のワークフローに即した商品を開発中です。これでお客様の業務は楽になり、結果的に我々の収益機会も拡大します。

Gene Bishop氏、ALM、技術担当副社長

MarkLogicを選ぶ理由

新しい収益源:ALMはMarkLogicを利用して、コンテンンツビジネスを拡大しました。カスタマイズされた商品、新規コンテンツ提供による収益機会の新規獲得、コンテンツ価値の向上(顧客全体像のためにコンテンツを他のデータと組み合わせることによる)を実現しています。実際のところ、最初のマーケティング施策では、効率が600%改善されました。 

これに加えて、業界のトレンドでもあるオンライン広告も伸びています。また、興味を持ってくれた人への会員登録勧誘や、有用なコンテンツのユーザーへのリコメンドなど、さまざまな方法でデータを活用しています。 

アジャイル性と市場投入時間:要求が多い今日の顧客を前にして、情報提供会社ではアジャイル性が武器となります。MarkLogicデータベースで多数のリソースからのコンテンツを迅速かつ容易に統合することで、以前よりも市場への提供時間が短縮されました。またよりターゲットを絞ったコンテンツを提供できます。これに加えて、MarkLogicのデータ統合機能を活用することで、企業買収のメリットを他社(レガシー技術でさまざまなシステムやコンテンツを統合しようとしている)よりも迅速に実現できました。 

優れたカスタマーサポート:ALMは、MarkLogicのプロフェッショナルサポートが知識移転や新機能の活用方法の習得において重要な役割を果たしたと言っています。 

導入事例

ALM
American Psychological Association
American Society of Agronomy
Bowker
Broadridge
BSi Group
CABI
Codifyd
Condé Nast
CQ Roll Call
De Gruyter
EBCONT
Elsevier
Fairfax County, Virginia
Federal Aviation Administration
グローバルなNPO
Hannover再保険
Healthcare.gov
HEROLD.at
Informatics Corporation of America
Institute of Engineering and Technology
Institute of Physics
投資銀行
投資銀行(大手1行)
投資銀行(大手5行)
JWG Group
Klopotek
Lagardère Active
M*Modal
Mitchell 1
MVB
National Archives & Records Administration
OECD Publishing
Oxford University Press
Press Association
Princeton Theological Seminary
Reed Business Information
Royal Society of Chemistry
RSuite CMS
Springer
Thieme
Triumph Learning
University of Virginia
Warrior Gateway
Wiley
Yell.com